パブ・大英帝国の社交場 (講談社現代新書)

  • 26人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 小林章夫
  • 講談社 (1992年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061491182

作品紹介

作家がいる、貴族がいる。労働者、商人がいる。傾けたグラスから、政治が経済が、文化が生まれていく。全土にひしめいた民衆社交場から大英帝国の400年を読む。

パブ・大英帝国の社交場 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パブの歴史に焦点を当てた本って意外と少ない。
    パブのルーツは宿屋。イン、タヴァン、エールハウスが時とともにパブに統合された。

  • w

  • 14/08/16、神保町・三省堂古書館で購入(古本)

  • 卒論の参考資料として読んだ本。

    新書の利点である、良い意味での内容の軽さと適度な教養の取得を実感できるような本だと思った。

    古くから人々の社交の場であったイギリスのパブ(パブリック・ハウス)とはいかなるものかを語りながら、その歴史的背景と現在に至るまでの変容を解説する。
    この頃のパブはただの酒を飲むための場所じゃなくて、政治、文化、経済に深く関わる場所だったんだと納得。

    ところどころに筆者の体験が出てきたりして、内容自体も比較的とっつきやすいから、歴史のことあまり知らなくても、ある種のカルチャーブックとして読んでも面白いのではないだろうか。

    イギリスには行ったことがないけれど、読みながらパブでビールが飲みたくなった!

  • イギリスの文化をその代表施設であるPUBにスポットを当てて描いた新書。ジン横丁の話が特に興味深かった。

  • 面白かった。
    イギリスのパブの歴史、文化についてを手軽に知ることが出来ます。

全6件中 1 - 6件を表示

小林章夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パブ・大英帝国の社交場 (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする