マイクロマシン: 驚異の極微技術 (講談社現代新書 1147)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061491472

作品紹介・あらすじ

半導体技術とのドッキングで現実のものとなる一ミリ以下の電子機械・ロボット。産業と医療を一変させる次世代最先端技術の開発・製作・応用範囲を概観する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1993.09.26読了)(1993.09.01購入)
    (「BOOK」データベースより)
    半導体技術とのドッキングで現実のものとなる一ミリ以下の電子機械・ロボット。産業と医療を一変させる次世代最先端技術の開発・製作・応用範囲を概観する。

    ☆那野比古さんの本(既読)
    「侵入者ハッカーの挑戦」那野比古著、講談社、1987.06.24
    「知的所有権そこが知りたい」那野比古著、日本工業新聞社、1988.10.15
    「コンピュータ近未来学」那野比古著、日刊工業新聞社、1989.01.03
    「ニューロコンピュータ革命」那野比古著、講談社、1989.01.25
    「AT&TとIBM」那野比古著、講談社現代新書、1989.06.20
    「SIS経営革命」那野比古著、日本実業出版社、1990.02.28
    「SISは企業を変える」那野比古著、講談社現代新書、1991.08.20
    「バーチャル・リアリティ」那野比古著、KDDクリエイティブ、1992.12.10

  • マイクロマシンとは何かを知るのに、わかりやすい語り口で読みやすい。
    話題が基礎的なものから、応用的なものまで広がっているので、
    実態はつかみどころがない。

    経済産業省の取り組み、マイクロマシンの研究会などの紹介は、
    現地、現物によった実感がない点が残念。

    本当に重要な研究であれば、少なくとも30年は継続する必要がある。
    10年で打ち切るような研究は、取り上げ方に工夫が必要かもしれない。

    名古屋市について書いているが、実情とは程遠いような気がする。

  • 4061491474 219p 1993・5・20 1刷

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936年岡山県生まれ。本名、井上一郎。
東京大学理学部卒業後、新聞記者を経て、現在、多摩大学名誉教授。科学技術ジャーナリスト、日本ベンチャー学会顧問としても活躍中。

「2014年 『⑦IT・ソフトウェア 2016年度版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

那野比古の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×