女王陛下の英語―エレガンスとユーモア (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061491977

作品紹介・あらすじ

階層や地域が違うと、アクセントやイントネーション、語彙にまで相違がある英語。エレガントで機知あふれる英語表現を身につける知恵。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「女王陛下の英語」つまり、イギリスの言語文化についての本。
    社会階層ごとに、話す言葉(語形やアクセント)の違いなども解説されていた。
    オックスフォード、ケンブリッジ卒業の、上流階級のアクセントと、標準アクセントであるBBCアクセントが違うということは、初めて知った。
    そして、ロンドンの庶民の話すコックニー。
    それ以外の地方の言葉についても、若干。

    裏英語(S-word=swearing word、憎まれ口、F-word)の辺りが面白かった。
    英国語のS-wordの代表は、bloodyだとか。
    米語のF-wordなぞは、わざわざこんな本を読まなくても入ってくるのに・・・

    1994年刊。
    エリザベス女王の在位40年記念なんてあるところに時代を感じる。
    あれから20年。
    ここにあるイギリスの言語の状況は、今はどれくらい変わったのだろうか。
    この本でも、アメリカ化が進んでいるとあったが・・・、

    「イギリス英語が一番エレガント」という価値観を、臆面もなく打ち出せてしまう辺りも、1990年代だからなのかなあ。
    「Englishes」が当たり前になった今時の読者が読むと、エリート意識が感じられてしまったりなど、違和感を感じるかもしれない。

  • 「Queen's Englishとは女王陛下が話す英語ではなく、英国人が使うStandard Englishのこと」だそう。イギリス英語のなかにある、さまざまなタイプの英語のお話。実は裏にこんな本心が…というような、イギリス的言い方も紹介されています。

全2件中 1 - 2件を表示

倉田保雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

女王陛下の英語―エレガンスとユーモア (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする