怪談の心理学: 学校に生まれる怖い話 (講談社現代新書 1223)

著者 :
  • 講談社
2.88
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 65
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061492233

作品紹介・あらすじ

怪談はどこに生まれ、どう伝わるのか。トイレのハナコさん、こっくりさん、金縛りなど、学童たちの間に発生し広がってゆく「霊現象」のルーマーをめぐり、心理・生理・社会病理的に縦横に考察する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <閲覧スタッフより>
    一度は耳にしている物語を心理学的に読んでみると、今まで知ることのなかった発見があるかもしれません。
    --------------------------------------
    所在記号:新書||361.4||ナマ
    資料番号:10061596
    --------------------------------------

  • んーいまいち。

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:147.6||N
    資料ID:59402557

  • [ 内容 ]
    怪談はどこに生まれ、どう伝わるのか。
    トイレのハナコさん、こっくりさん、金縛りなど、学童たちの間に発生し広がってゆく「霊現象」のルーマーをめぐり、心理・生理・社会病理的に縦横に考察する。

    [ 目次 ]
    第1章 トイレの怪談の系譜―デマの心理学
    第2章 「こっくりさん」の系譜―筋自動運動と集団催眠
    第3章 新しい学校の怪談「金縛り」―睡眠の異常心理学
    第4章 感覚遮断がつくる幻覚―密室の異常心理学
    第5章 口裂け女の系譜―ルーマーの社会病理学
    終章 社会変動とルーマー

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 骨組みしっかり、かつ判りやすい。丁寧に書かれた本だと思う。怪談だなんだを心理学なんかで解くと結構強引で、自分は違和感をしばしば感じるんだけど、これは割とすらっと読めた。

全6件中 1 - 6件を表示

中村希明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×