修道院―禁欲と観想の中世 (講談社現代新書 1251)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061492516

作品紹介・あらすじ

神を想い、清貧に徹し、労働を重んじる-中世社会に影響を与えた修道院の活動の理念を軸に、その起源と展開を辿る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新書文庫

  • 漠然としたイメージはあるけど、その実態や存在理由がよくわからない修道院。その歴史や具体例が著されているが、漫然としていてよく理解できなかったのが本音。普通のヨーロッパ史のバックグラウンドだけでは、読み進めるのは結構厳しくて、キリスト教史・カトリックしての基礎素養が必要だ。

  • 非常に興味深く読んだが、世界史の知識の無さを痛感した。クリュニー→グレゴリウス改革→シトー会→托鉢修道会に至る流れが特に面白かった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

(あさくら・ぶんいち)1935年宮崎県生まれ。西洋中世史。上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。ノートルダム清心女子大学名誉教授。

「2017年 『十二世紀のルネサンス ヨーロッパの目覚め』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝倉文市の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×