新しいヘーゲル (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (13)
  • (21)
  • (56)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 352
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061493575

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読むのは2回目。楽しく読めた。ルソー、ルター、カントの時代からどのようにヘーゲルに行き着いたか、それを受けてキルケゴール、ニーチェ、サルトル、マルクスはどう反応したかが2回目に読んでようやく理解できた(気がする)。もすこし、ヘーゲルとは付き合わねば。

  • 『精神現象学』などのヘーゲルの著作を、わかりやすい日本語に訳したことで知られる著者による、ヘーゲル哲学の入門書です。

    本書では、ヘーゲルは「近代」という時代の思想家として位置づけられています。教会の権威を否定して、神の前に立つ個人としての信仰者の姿を打ち出したルターの宗教改革に象徴されるように、個人の形成と自由な主体の確立が、「近代」という時代を特徴づけています。

    ヘーゲルは近代的な個人を、みずからの内の理性に絶対の信頼を寄せる者として理解しました。そうした個人は、現実の中で出会うさまざまな困難と格闘しつつ、否定をくぐり抜けて「絶対知」へと進んでいくたくましさをもっています。本書ではヘーゲルの『哲学史講義』や『歴史哲学講義』、『美学講義』などを題材に、理性がたくましく前に進んでいく姿がイメージ豊かに描かれています。

  • ヘーゲルはむずかしいか?そんなことはない!

    社会を矛盾と対立のるつぼととらえ、そのむこうに統一と秩序を見通した哲学者。壮大で華麗な思想の躍動を平易な日本語で説きつくす。

  • 期待していた「新しい」ヘーゲルがどうも良くわからなかったというか、絶対精神とか弁証法とかのメジャーなところに斬新な批判をしていくように勝手に想像していたのだけど、全体的にヘーゲルを賞賛して終わってしまった感がある。

    ただ6章「ヘーゲル以降」はなかなかおもしろく読めた。特にキルケゴールやフロイトを交えて不安という「感情」をキルケゴールがどう取り扱って、ヘーゲル以降はどうなっていくのかについてのくだりはおもしろい。

  • ヘーゲルの入門書。タイトルの「新しい」の意は、やたら韜晦な感じがするヘーゲル像の刷新を図る、ぐらいのものだろう。その方法論は、新たなヘーゲル解釈を打ち出す、とかではなくて、平易な言葉でヘーゲルの思想を辿る、というもの。実際、かなり気楽に読める。

    著者は「あとがき」で、「この小著でヘーゲルを論じつくすことなどとうてい無理だが、その壮大な体系がどういう問題意識と構想のもとになりたっているかを大づかみにはできるよう工夫したつもりである」と書いているが、その狙いは十分達せられていると思う。良くも悪くも「浅く、広く」といった感じだ。入門書としては申し分ないが、やはり本書を足掛かりにヘーゲル自身の著作に挑んでいくことが大事なのだろう。

  • 第1章から3章までは面白かったが、4章くらいからつまずきはじめて大体6割ほど読んでみた。

  • やしいく読みやすい平易な言葉で書くのだと、はじめに書かれてたのに。西洋哲学を何か立派なものとして拝み奉る為に、分かりにくい言葉を使っていると、これまでのヘーゲルに対する日本での扱いを否定的にはじめにではかかれていたのに。本論に入ると、とっても哲学してました。その中でも、印象に残ったところ(理解できたところ?)を書いておく。
    思考の旅は知への旅である。歴史の中に脈々と流れる知にたどり着く旅であると。その思考の旅が行き着く先に、歴史の大河がありそこに至って絶対知を会得するとともに、歴史の知である学問が現れる。
    ルターの宗教革命は、神と聖書というよりどころを残しはしたが、そのルターが行ったことが、人を思考の、精神的な独立した個人として浮き立たせることになった。近代哲学は、そのルターが残した神と聖書すらも否定し、自己の精神にとことん向き合う方向に至ったがヘーゲルは、ルター派であり、言及し評価することにはやぶさかではなかったが、一線を画した。
    そして、ヘーゲルを否定する形で、キルケゴールの不安を基底とした哲学が、マルクスの資本論が生まれていく。
    僕は弁証法とは何かを知りたくてこの本を読んだが、違う知識を得たようだ。楽しかった。

  • 弁証法を知りたくてamazonで「弁証法」を検索してヒットしたのが本書。
    弁証法のくだりは、言わんとしていることが分かったような、分からないような、、
    その他の部分は哲学とか興味ないんで、辛かった。「精神現象学」を読みたいと思わせたのは、筆者のすごいところだと思うが、多分読みたくはない。

  • 弁証法と「モメント」について知るために読んだ。最初に書かれている通り、難解そうな用語はほとんど出てこない。また、引用の後にはいつも著者自身のことばで補足がなされており、最後まで読みきることができた。

  • 2015/1/26

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1940年生まれ。東京大学卒業。著書「ヘーゲルの歴史意識」「格闘する理性」他。訳書フッサール「経験と判断」ハーバーマス「イデオロギーとしての科学と技術」他。

「2019年 『美術の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新しいヘーゲル (講談社現代新書)のその他の作品

長谷川宏の作品

新しいヘーゲル (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする