新しい福沢諭吉 (講談社現代新書 1382)

著者 :
  • 講談社
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061493827

作品紹介・あらすじ

近代日本の先覚者とされながら毀誉褒貶半ばする思想家の本質とは。「文明」「独立」等をめぐる言説を読み解き、日本思想史に新たな枠組を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 経済思想の観点から新しく解釈しようとする試みで、A・スミス、シュンペーター、ハイエク等との類似性を指摘。こういう観点で福澤を語るの聞いたことがなかったので新鮮だった。
    概して保守の立場からの福澤観ではあるのだが、抑制の効いた記述で説得力がある。最後の「人生蛆虫説」の解説は印象的で、「歴史が現在に奉仕する」は名言。

全2件中 1 - 2件を表示

坂本多加雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×