英語の名句・名言 (講談社現代新書)

  • 講談社
3.26
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061494022

作品紹介・あらすじ

語りつがれる英国人の知恵の結晶。鋭い直観と深い思索が織りなす名表現ベストセレクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 英語の発表をするときに利用します。
    かならずしも,ドンピシャの表現にならないこともあるらしく,
    意味がよくわからないと質問を受けることもあります。

    議論のきっかけにはなるので重宝しています。

  • shiro

  • 退屈な英文学講義に時折挟まれる、のちに振り返ってみればそれだけしか覚えていないような、品高い語り口。原文もきちんとのせられており、少し前までは新書もまともだったことがわかる。

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:159.8||M
    資料ID:59800367

  • 詩とか大嫌いだけど、その短い言葉の中には目に見える以上の深い言葉がこめられているらしいです。英語の勉強にもなって一石二鳥な本。この手の本の中では読みやすいと感じた。

  • シェイクスピアの名句・名言の多さ。

    素晴らしい劇作家でありながら、哲学者でもあったのだと実感しました。

  • [ 内容 ]
    語りつがれる英国人の知恵の結晶。
    鋭い直観と深い思索が織りなす名表現ベストセレクション。

    [ 目次 ]
    1章 人間
    2章 人生
    3章 時間
    4章 人事
    5章 老年
    6章 死
    7章 世界
    8章 愛
    9章 徳
    10章 悪徳
    11章 哲学
    12章 英知
    13章 自然
    14章 国
    15章 音楽
    16章 神

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 英語の例文を通じて英語圏の価値観を言語ベースで学んでいくことが英語を使いこなす上で実は非常に重要なのではないかと感じる。いわば日本語による英語の解体作業。この本はそれに適していると感じる。
     さらに言えば、英語圏の価値観・文化を言語ベースで学ぶに加えて
    ・英文履歴書
    ・英語論文
    ・英語での討論
    のための用語などを体系的に学んでいくことをしたいと感じる。
    妄想にしか過ぎないが、そのような英語(やその他の外国語)の学び方が1つの学問となったらいいと感じる。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

Peter Milward.
1925年ロンドン郊外、ウィンブルドンで生まれる。
1954年オックスフォード大学卒業後、
イエズス会士として来日、
1960年カトリック司祭として叙階、
現在、上智大学名誉教授、文学博士(上智大学)。
シェイクスピアにならって無類の駄洒落好き。
主著に『シェイクスピア劇の名台詞』(講談社学術文庫)、
『聖書は何を語っているか』(講談社現代新書)、
『英語の名句・名言』(講談社現代新書)、
『ザビエルの見た日本』(講談社学術文庫)、
『童話の国イギリス
―マザー・グースからハリー・ポッターまで』
(中公新書)ほか多数。

「2016年 『ミルワード先生のシェイクスピア講義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ピーター・ミルワードの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×