能力主義の心理学 (講談社現代新書 1435)

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061494350

作品紹介・あらすじ

人材としてのセルフ・チェック、公正な人事考課の方法からリーダーシップを身につけるノウハウ、自己実現の考え方まで新・人事革命を生き抜く実戦的ヒントを網羅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人材としてのセルフ・チェックや、公正な人事考課の方法、自己実現のための取り組み方などについて、心理学の立場から基本的な考え方を説いた本です。

    自己啓発書であつかわれるような内容が、学問的な観点によって裏づけられています。こんなに心理学という学問が実際に役立つものだとは知らなかったので、興味深く読みました。

    とくにセルフ・チェックに関しては、刺激欲求、認知的複雑性、ストレス耐性という3つの要素によって自分の適性や能力を見つめなおすという本書の考え方が、たいへん参考になりました。

  • [ 内容 ]
    人材としてのセルフ・チェック、公正な人事考課の方法からリーダーシップを身につけるノウハウ、自己実現の考え方まで新・人事革命を生き抜く実戦的ヒントを網羅。

    [ 目次 ]
    1 能力とは何だろうか
    2 「人事評価」の心理学
    3 人材としてのセルフ・チェック
    4 リーダーシップをみがく
    5 能力主義時代の人間関係
    6 自分のカベを突破する
    7 転職できる人、できない人
    8 「自己実現」を問い直す

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

岡本浩一(おかもと・こういち)
大阪府出身。東京大学文学部社会心理学専修課程卒業。同大大学院社会学研究科で社会学修士、社会学博士。同大文学部助手を経て、1989年より東洋英和女学院大学人文学部助教授。1997年より人間科学部教授。NLPをロバート・ディルツに師事し、NLPトレーナー。日本心理学会、日本社会心理学会、日本実験社会心理学会、日本行動計量学会、日本催眠医学心理学会、日本リスク研究学会などに所属。茶道を修め、裏千家淡交会巡回講師を兼任。リスク認知心理学を専門とし、原子力安全委員会専門委員、内閣府原子力委員会専門委員など歴任。国の科学技術研究領域の創始メンバーのひとり。著書に『会議を制する心理学』(単著)、『組織の社会技術1 組織健全化のための社会心理学:違反・自己・不祥事を防ぐ社会技術』(共著)、『グローバリゼーションとリスク社会〔東洋英和女学院大学社会科学研究叢書1〕』『新時代のやさしいトラウマ治療〔東洋英和女学院大学社会科学研究叢書4〕』『パワハラ・トラウマに対する短期心理療法〔東洋英和女学院大学社会科学研究叢書7〕』(共編)など。

「2023年 『自分を整えるブリーフサイコセラピー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本浩一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×