室町お坊さん物語 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061494572

作品紹介・あらすじ

帝への授戒、女人禁制、政争、天災。南北朝合一、明徳・嘉吉の乱…戦乱の中世を生きた一人の天台僧の記録『鎮増私聞書』。そこから浮かびあがる仏教界と庶民の姿とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「日蓮宗のお経はいいっすよ」と、メタル好きの美容師さんにオススメされて、日蓮宗の資料を探していて、手にとった本がこれ。坊さん口調で語る文体に魅了されて借りてしまった。読みきってしまった。直談と、南北朝時代についてちょっと分かったのがよかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一九六〇年、京都生まれ。広島大学大学院博士課程修了。甲南大学文学部教授。中世国文学。著書『<悪女>論』(紀伊國屋書店)、『外法と愛法の中世』(砂子屋書房)ほか。

「2017年 『図説 百鬼夜行絵巻をよむ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中貴子の作品

ツイートする