国語のできる子どもを育てる (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (5)
  • (17)
  • (31)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :181
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061494688

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  「国語専科教室」主催者である工藤順一氏による子どもの国語力を向上させる理論と方法を論じた新書。書く力を向上させる具体的な手法として「コボちゃん作文」を紹介、また理論として書くことと読むことの関係性、そして学校の国語教育や国語テストの弊害について独自の理論を展開する。

     学校における国語教育に対して、私自身ずっと違和を感じていた。国語授業で教える内容や考査問題が社会生活をより良く送ることにどれだけ寄与できているのか。本書におけるその答えは、「否」である。読書とは面白いから、題材に興味があるから、知りたいからというような「主観的な動機」で読まれるものであり、どこまでいってもそうあるべきもの。だが学校の国語授業における教科書の文章読解は、主観的な動機など一切なく客観的な情報整理・理解・取得に関する小手先だけの手法を扱っている。主観的動機を排して文章と向き合わせる、それが子どもの本嫌いを作る最大の原因なのだ。国語に関してのみ言えば、学校は教育機関ではなく、客観的に計測可能な国語力のみ扱い順序付けし、「国語を勉強した」感を植え付けるためだけの機関となり下がっている。つまり、生きていく上で本当に必要とされる国語力と学校で養っていると信じられている国語力は全くの別物であるのだ。ではどうすれば本当の国語力とは何か。それはシンプルに言えば、「よく読み、よく書く」ことである。ただこれも誤解されており、ただ読ませ、ただ書かせるだけでは読書嫌いの作文嫌いを作るだけだ。よく本を読む子どもを育てるために必要な能力や導き方は何か、よく書く子どもを育てるために必要な学力や意識、導き方は何か、それを本書は著者の経験から理論的に導き出し説明しているのである。
     著者の結論は、幼少期からの主体的読み書き一体化であり、家庭教育の不可欠性である。そしてそれが「国語専科教室」という実践に繋がるのだ。
     本書は理想的な国語テスト問題も掲載している。麻布中学校の入試問題だそうだが、その内容は驚くべき程の完成度である。ここまで現代国語教育の欠点を正確に突いた本を私は知らない。そして本物の国語力を養成するための具体的な指針を示した本としても。著者の本を全て読めば、新しい本当の国語教育のヒントが掴めるのではないか。出口が見えず堂々巡りを繰り返すだけの学校国語科教育の解決の糸口を、工藤順一氏が持っていると私は感じてならない。

  • 1999年刊行。著者は塾主宰者。

     主として小学生、あるいは、中学受験生を対象として、国語、すなわち、読み、書き、読解力のそれぞれの指導法について解説する。
     例えば書きの点。
     あえて下手な作文を推奨する点は目から鱗。
     書く方にとっても気楽だし、そもそも識字文化においては書いた自分が初めての他者になるというこれまた目から鱗の指摘があるからだ。

     その他も十分参考になる。

  • 国語の現状がよく理解できました。といいうか、自分の時代もそうっだったのか。なにも疑問をもたず、今までいたなんて。
    作文ができる=国語ができるというわけではない。点数を取るための作文よりも、読み手のために書く作文を子どもにはおしえていきたい。点数も必要だけど…。

  • 「真に読み、書くことのできる力」が「自分の頭で考える力」「現実に立ち向かう力」になる。
    とても説得力のある著書。

    家庭でも試すことのできる例がたくさん紹介されていたので、実践してみよう。

  • 92ページ
     この国では文旨ということばとともに、教養ということばもまた死語になりつつあるのです。
      ◆文旨→文盲

    122ページ
     本格的にはそちらの方で専門書を当たることです。、
      ◆。、→。

  • 日本語という母語をきちんと身に付けること。
    それは「現実を変えてみたいという切実な問題意識」を持ち行動するため。

    私が本書から受け取ったメッセージ。

    コボちゃん作文など自分でも今すぐ試してみたくなる教育法から、各段階におけるブックリストなど有用な内容がたくさんあります。

    新書なので量もそれほどなくサクサク読めるお勧めの本です。

  • [ 内容 ]
    本を読まない、作文が書けない子どもたち―その「失語」的情況の中で、読むこと・書くことをどう教えたらいいのか?
    本当の国語力を引き出す実践的で効果のある方法を説く。

    [ 目次 ]
    第1章 書くこと(書くことに関する子どもたちの現状;実践的な二つの道具の工夫;コボちゃん作文 ほか)
    第2章 読むこと(学校での読みの現状;塾での読み;読み書きをめぐるアンバランスが何をもたらしているか ほか)
    第3章 読解力とは何か―学童期における読解能力と能力判定の問題(二つの事例;「文章が読める」とは?;「読解問題ができる」とは? ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • これは本来、小学生か、遅くとも中学生くらいで使いたい方法論かと。でも、きっと高校生にも大学生にも有効なんだろうなぁ。

  • 最近、我が子の様子や学校教育を見ていて思っていたことを理論的に言い当てておられて、とても共感を覚えました。この本の著者工藤先生のご示唆を参考に、自宅でできる範囲で我が子の国語教育に努めることができればと思いました。

  • 自分への刺激として読んでみたけれど、読んでいて結構面白かったです。文章が飛躍しやすい私には結構初歩的な文章構成の参考になりました

全20件中 1 - 10件を表示

国語のできる子どもを育てる (講談社現代新書)のその他の作品

工藤順一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

国語のできる子どもを育てる (講談社現代新書)に関連する談話室の質問

国語のできる子どもを育てる (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする