日本の“地霊”(ゲニウス・ロキ) (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.21
  • (0)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 54
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061494817

作品紹介・あらすじ

東京、大阪、神戸、広島-都市の伝説を掘り起こし、日本近代を捉え直す新しい試み。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国会議事堂の屋根から話が始まる。そして、議事堂は伊藤博文の霊廟だと結論を持っていく。色々な資料で説明するからそうかと思ってしまうが、あくまでも仮説である。筆者は、地霊とは、ある土地から引き出される霊感とか、土地に結びついた連想生、あるいは土地がもつ可能性といった概念と定義つけている。その中に、その土地のもつ文化的・歴史的・社会的な背景を読み解く要素も含まれる。原子力発電を設置する土地にも当然地霊は存在する。

  • (後で書きます)

  • 2冊

  • 地霊というのはその土地その土地の見えざる「力」のようなものでしょうか。
    あらゆる建築は建築家の力だけではなく、その土地の持つ力によってうまれるのです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

鈴木 博之
鈴木博之:元東京大学名誉教授/元青山学院大学教授

「2017年 『建築 未来への遺産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木博之の作品

ツイートする