知の編集術 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (66)
  • (95)
  • (219)
  • (28)
  • (9)
本棚登録 : 1732
感想 : 139
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061494855

作品紹介・あらすじ

考える力をみるみる引き出す実践レッスンとは?いいかえ要約法、箇条書き構成、らしさのショーアップなど情報の達人が明かす知の実用決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『知の編集術』松岡正剛氏

    1.購読動機
    松岡正剛さんの著書だからです。
    本屋にいくと彼だけのスペースがあります。
    その書籍内容、タイトルの広さにまず関心がいきました。
    一冊めがこちらです。
    理由は、仕事を通じて文章を書く機会があるからです。

    2.書籍のお得度
    松岡正剛さんが知るところの編集とは?を定義から方法論まで開示してくれているところです。

    3.こんな方にオススメ
    松岡正剛さんに関心があるひと。
    また、関心がなくても、文章を読むよりも書く方面に関心があるひと。
    そんな方にはオススメです。

    4.文章における分母と分子。
    たとえば、彼はピアノがうまい。
    この文章を
    プロのピアニストのなかで
    とするか?
    会社員かつピアノ演奏家として、
    とするか?

    そう、主体の文章 分子にたいして、分母をどのようにするか?で、読み手の印象は大きく変化するということ。

    5.最後に
    松岡正剛さんの読書方法も記載あります。
    だから、なかなか読み応えある書籍です。

    #読書好きなひとと繋がりたい


  • 編集というものを僕はすごく狭く捉えていたんだなあ、と思い知った。文章を書くときだけ編集をするわけではない。この世界を理解するために、語るために僕らは知識というものを集め、分類し、関係づけ、体系化している。この作業は編集である。日常のなかでなにげなく、僕らは編集をしている。編集のそれぞれの工程において、より上手く編集するためのティップスが本書には詰まっている。詰めすぎ、というくらいだが。自分が編集するときにすこしずつ引き出して、長く使いたいもんだ。

  • あらゆる情報を自分たちの役に立つようにしていくことを編集という。

    人間の歴史は情報の歴史であり、編集の歴史。

    編集で最も大事なことは、事実や事態や現象のあいだにひそむ関係を発見しつなげていくこと。


    これは読書についてもいえることであり、
    網目のようにつながっている単語と単語、文と文、本と本のあいだの関係を連結させていくことだ。読めば読むほど面白くなる。連結が強化され深くなり拡がるからだ。

  • 一回読むだけじゃ咀嚼しきれない。期間を空けて何度か読めば理解が進むんやろうかって感じ。

  • 著者が提唱する「編集工学」の基本的な発想とそのテクニックを、分かりやすく解説した本です。

    編集工学的世界観と編集術の間に明確な区別を設けることなく両者を説明しているところに、本書の特徴があります。編集工学は、世界を情報の集積とみなし、私たちが世界の中でおこなっているあらゆる活動を、情報を切り取り、つなぎ合わせることで、新たな意味を作り出していくプロセスとして捉えます。

    具体的なテクニックを学ぶための本というよりは、「編集」という観点から世界を見るということがどのようなことなのかを知るための本と言ってよいのではないかと思います。

  • 第1章 編集は誰にでもできる
    第2章 編集は遊びから生まれる
    第3章 要約編集と連想編集
    第4章 編集技法のパレード
    第5章 編集を彩る人々
    第6章 編集指南・編集稽古

  • おもしろかった。前々から読もうと思って読んでいなかった自分が馬鹿だった。人間の活動には編集がある、それに目をつけるととても有意義だぞと。自然に見える日本庭園は人工の美だしね。

    世の中にはたくさんの情報があり、それが裸のままで提示されることは少ない。ひとの手によって整理され・配列され・集約され・強調されて…ほかいろいろな編集の手を経て、情報は人のもとへ入ってくる。受け取る側もそれを裸のままで受け取るのでなく、あるときは要約し、またあるときは誤認し、ときには見落としまでする。あらゆる活動に編集が関わってくる。

    書籍などの編集の狭義の意味でなく、もっと広義の、芸術の創作やこどもの遊び、人と人との会話の仕方も編集として、著者は扱っている。

    気になったところは
    ・編集と編纂は違う
    ・20世紀は「主題」の時代。21世紀は「方法」の時代
    ・編集はこどもの遊び
    ・「らしさ」は典型・類型・原型の3つのタイプがある
    ・編集の技法をこれでもかというくらい挙げている
    ほかにもいくつも。

    新書でも内容の濃い本でした。

  • ●一分野マスター読書「情報収集・活用」18冊目。「情報収集・活用」という視点で見た時に、あまり参考になる内容ではないと思う。少なくともその目的のために本書をかみ砕いて活かすことができるようにするのは困難に感じた。

  • 「プレゼミナールB」
    「基礎演習B」
    里見慶先生 参考図書
    https://library.shobi-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=00042575

全139件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九四四年、京都府生まれ。編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。一九七〇年代、工作舎を設立し『遊』を創刊。一九八〇年代、人間の思想や創造性に関わる総合的な方法論として″編集工学〟を提唱し、現在まで、日本・経済・物語文化、自然・生命科学、宇宙物理、デザイン、意匠図像、文字世界等の研究を深め、その成果をプロジェクトの監修や総合演出、企画構成、メディアプロデュース等で展開。二〇〇〇年、ブックアーカイブ「千夜千冊」の執筆をスタート、古今東西の知を紹介する。同時に、編集工学をカリキュラム化した「イシス編集学校」を創設。二〇〇九~一二年、丸善店内にショップ・イン・ショップ「松丸本舗」をプロデュース、読者体験の可能性を広げる″ブックウエア構想〟を実践する。近著に『松丸本舗主義』『連塾方法日本1~3』『意身伝心』。

「2016年 『アートエリアB1 5周年記念記録集 上方遊歩46景』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松岡正剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
中沢 新一
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×