星空を歩く―巨大望遠鏡が見た宇宙 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061495036

作品紹介・あらすじ

四季折々の夜空に輝く星々と無数の銀河。壮大な宇宙紀行にあなたをいざなう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでいます。
    (2014年1月25日)

    読み終えました。
    「凍てつく夜気に漂う望遠鏡の金属的なにおい」(216ページ)
    が、印象的。
    (2014年1月26日)

  •  一年12ヶ月の月ごとの代表的天体の紹介から、折々の天文学の話題を解説していく読み物。
     渡部潤一さんは国立天文台の広報を長く担当されている方で、一般向けの文章のうまさ・分かりやすさは当代一かもしれません。
     取り上げているトピックは1990年代のものが中心で、シューメーカー・レビー第9彗星の木星衝突やしし座流星群の騒ぎなど、当時を知る人には懐かしく思えます。織り交ぜられたエピソードが面白く、読んでいてホッとする本です。

全2件中 1 - 2件を表示

渡部潤一の作品

ツイートする