<子どもの虐待>を考える (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (3)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061495678

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016.08.11
    愛情に満ちた本だった。分かりやすく、多くの人に読んでほしい。
    虐待がいつ誰に起きてもおかしくないことだという姿勢が、自分の考えととても合っていた。虐待する親を異質だとか悪者にしない考えがとてもあたたかい。
    今が幸せなら、過去の出来事も「それでよかった」ということになるんだ。

全2件中 1 - 2件を表示

玉井邦夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オルテガ・イ ガ...
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

<子どもの虐待>を考える (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする