FIFO式英語「速読速解」法 (講談社現代新書 1670)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061496705

作品紹介・あらすじ

「和訳を作る」のではなく英語を英語のまま理解できるようになる同時通訳式の極意。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <閲覧スタッフより>
    FIFO(Fast in Fast out)いわゆる同時通訳の際、最初に耳に入ってきたものから口に出すという言い換えればスラッシュリーディングのように前から訳して、英語を
    英語のまま理解できるようになる速読法を訓練していく本です。
    ほんの少し通訳者になった気分を味わえる一冊です。
    --------------------------------------
    所在記号:837.5||シメ
    資料番号:10152969
    --------------------------------------

  • FIFOとはFirst In First Outの略で頭から英語を訳(理解)していくだそうです。FIFOを説明し、少し演習をさせてくれる本。簡単な英語が例題なので、すぐ読めて少しの練習もできる。特に新しい方法でもなく、学校英語でも長文を読むときに先生から教えられたような気がする。頑張っても150WPMぐらいのスピードでしか読めない私ですが、この本を読んで少しリーディングのスピードが上がったような気がする。

全2件中 1 - 2件を表示

示村陽一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×