万里の長城 攻防三千年史 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061496743

作品紹介・あらすじ

あの長大な建造物は役に立ったのか。歴代王朝とともに歴史を刻んできた長城の素顔に挑む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    あの長大な建造物は役に立ったのか。
    歴代王朝とともに歴史を刻んできた長城の素顔に挑む。

    [ 目次 ]
    第1章 長城防衛の起源―西周時代~春秋戦国時代(長城建設はいつはじまったか;戦国長城を復元する)
    第2章 「万里」をはるかに超えて―秦代~前漢時代(長城を膨らませる意義はどこにある;さらに広がる万里の長城;のびすぎた長城をどう守ろう)
    第3章 揺らぎはじめた長城経営―後漢時代~宋代(転換する防衛戦略;長城はもういらない?)
    第4章 時代遅れとなりゆく長城―元代~清代(長城防衛、復活の兆し;長城復活し、そして捨てられる)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 万里の長城の歴史についての本。
    少し読みにくかったがそこそこ面白かった。

全2件中 1 - 2件を表示

来村多加史の作品

ツイートする