世界史とヨーロッパ (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (8)
  • (20)
  • (36)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061496873

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の岡崎勝世氏は、ドイツ近代思想史を専門とする歴史学者。
    本書は、E.H.カーが歴史学の古典『歴史とは何か』で提起する「歴史とは現在と過去との対話である」という考えに基づき、ヨーロッパにおいて、その時代ごとの「現在」がどのように変化し、その結果、「現在」から行われる「過去」への問いかけと解答がどのように変化したのか、即ち、「歴史はどのように書き換えられてきたのか」について、古代から近代まで時代順に追究したものである。
    その内容は概ね以下の通りである。
    ◆古代・・・古代ギリシア人、古代ローマ人は、世界を、自由な市民(真の人間)の住むヨーロッパ、一段劣った人間の住むアジア・アフリカ、怪物たちの住むその外側の地域という「古代的な三重構造の世界」と捉え、時間を、同じことが繰り返す「円環的時間」と考えていた。そして、古代の歴史記述には、①同時代の政治史である、②実用性を目的としている、③一定の科学性は持つものの、方法的限界、歴史を見る目の限界を伴っている、という特徴があった。
    ◆中世・・・アウグスティヌスが総括したキリスト教的発想が支配し、歴史の始点はアダムとエヴァ、終点は最後の審判後の神の国の実現で、その始点と終点の間の期間が現実の人類史であり、それは直線的かつ発展的過程の「ベクトル的時間」であると考えられた(救済史観)。この聖書に直接基づくキリスト教的世界史は「普遍史」と呼べるものである。世界は、キリスト教徒=選民の住む地域、その外の異教徒の住む地域、更にその外の怪物的人間の住む地域という「中世的な三重構造の世界」と考えられた。
    ◆近世・・・宗教改革に伴うプロテスタント的普遍史の登場によりカトリック的時間との対立が始まったこと、大航海時代がもたらした地理的世界観の変化や新たに現れた他地域の民族(特に中国)の歴史などが絡み、普遍史は危機の時代を迎えた。
    ◆啓蒙主義の時代・・・科学改革に伴い、時間の概念がそれまでの「ベクトル的時間」から、始点も終点もなく、過去へも未来へも無限に伸びる「絶対的(直線的)時間」に転換した。神ではなく、人間精神(人間理性)が法則的進歩をもたらすとする「進歩史観」に基づく、世俗的な「文化史的世界史」が生まれた。ヨーロッパと遜色ない文明を持つ中国については、「自由」を基礎とするヨーロッパと異なり、「隷属」が支配する停滞した世界とすることにより、進歩史観の上では説明をした。
    ◆近代・・・「歴史主義的発展段階論」に基づく「科学的世界史」が生まれ、先史時代の発見、オリエント・エーゲ文明の発見(古代像の明確化)、中世の自立などにより、19世紀西欧的世界史が成立した。それは、発展を実現したヨーロッパ、古代に停滞するアジア、未開・野蛮に停滞するアフリカとする「近代的な三重構造の世界」像に基づき、アジア・アフリカに対する「文明化の使命」を掲げるものでもあった。
    そして、1970年代からは、戦後世界が転換し、地球規模での多元化と一体化の同時進行という状態にあり、国民国家を基礎とした19世紀的歴史学の克服が進んでいる、と結んでいる。
    良くも悪くも、過去の世界史記述の中心となり、かつ、今後の世界の行く末(将来的な歴史)に大きな影響力を持つヨーロッパ(の文化・人々)の歴史の考え方を知る上で、有用な一冊と思う。
    (2017年6月了)

  • ヨーロッパ世界におけるそれぞれの時代にどのような世界観があり、どのように世界史が描かれてきたかが書かれています。古代から近代まで取り扱われているので、大変な労作だったのではないでしょうか。その時々におけるヨーロッパ人の世界観、世界史観がわかる本だと思います。

  • 第1章 ヨーロッパ古代の世界史記述
    第1節 歴史観の世界観的基礎
    第2節 古代的歴史学・世界史像の特質
    第2章 ヨーロッパ中世のキリスト教的世界史記述
    第1節 歴史観の世界観的基礎
    第2節 中世的歴史学・世界史像の特質
    第3章 ヨーロッパ近世の世界史記述
    第1節 歴史観の世界観的基礎の変化
    第2節 プロテスタント的普遍史の発生と年代学論争
    第4章 啓蒙主義の時代
    第1節 歴史観の世界観的基礎
    第2節 啓蒙主義的歴史学・世界史像の特質
    第5章 近代ヨーロッパの世界史記述
    第1節 歴史観の世界観的基礎
    第2節 ヨーロッパ近代における歴史学・世界史像の特質

  • 新書文庫

  • 古代世界においては、円環的時間が当然視されていた。歴史はその通り繰り返すと信じられていた。
    古代では「怪物」が信じられ、アウグスティヌスも「神の国」の中で怪物について論じられている。
    中世的普遍史の完成者オットー・フォン・フライシックの祖父こそ、カノッサの屈辱を経験したハンリヒ4世。
    アウグスティヌスらカトリックたちはギリシャ語聖書や七十人役を中心に歴史を考えていたが、宗教改革後プロテスタントはヘブライ語聖書中心主義となり、年代計算も異なるようになった。

  • 読了。

  • 歴史学の歴史。これまでいかほどの変遷を経て、今の「世界史」に至ったのか、興味深く読んだ。

    ヨーロッパ中心史観には他地域への蔑視が含まれ、問題があることは容易に分かるが、そこを克服していく世界史の記述がどう行われていくべきか、今後学んでいきたい。

    また、個人的にはキリスト教の歴史で、常に最後の審判=終末が間もなくだという期待のようなものがあったことが興味深かった。仏教の末法思想との関連も探ってみたい。つまり、人間(思想家、宗教家)は、ある種の「終わり」や「大きな区切り」を歴史に求めるものなのか、という点だ。

    ウォーラーステインについては、ほとんど触れていない。その点でサブタイトルはミスリードだ。今、歴史学がどういう地平にあるのかも知りたいところだ。

    ・キリスト紀元が一般化するのは10世紀末ぐらい。
    ・古代の場合、市民にとっての実用性が目指されたために一定の科学性が生まれたとすれば、中世の場合は、聖職者や神学者たちが神の栄光を示すことを目指したために科学性の後退をもたらした。
    ・16世紀、メラヒントンの時代に大学に歴史講義が創始された。
    ・普遍史(キリスト教史)の立場からすれば、中国史の古さの問題は脅威だった。
    ・新旧論争は、ヨーロッパ人の歴史意識の転換点になった。ルネサンス以来、古代を評価していたが、この論争で近代を古代より高度な文明と捉えた。ここに貢献したのが科学革命=啓蒙思想だった。
    ・啓蒙主義(量的進歩論)は革命をもたらしたが、ロマン主義(発達段階論)は理論体系をそなえた初めての保守主義。神、理性ときて、根拠としての歴史がきた。
    ・ランケ学派=史料批判。十九世紀ドイツの歴史学。

  • 「世界史」史の本。
    ヨーロッパで語られた「世界史」は、それぞれの時代でどういう認識で語られたのかを、古代ローマから現代まで眺める。

    最近は、古代ローマの凋落以後、ヨーロッパでは文明が崩壊し、インド・中東・中国などの中心に対してヨーロッパは周縁だった、と言われている。キリスト教文化圏が息を吹き返したのは15世紀、もしくは18世紀以後で、それ以前のヨーロッパを描くときには、気をつけないと「創られた伝統」になってしまう。

    古代ローマの世界地図には、同時期に勃興していた中国などは記載されておらず、陸をぐるっと取り囲む海は「オケアノス」と言われていて、ああ、これがアレクサンダー大王が目指したオケアノスで、アレクサンダー大王の時代の世界観だったのだなぁ、と納得した。

    中国・インド・イスラム帝国などの世界観などの手引書も読んでみたいと思った。

  • 有史以来のヨーロッパにて、時代時代で世界史がどう描かれどう捉えられてきたかが書かれている本。
    歴史に疎いせいもあると思うが、宗教(キリスト教)的な思想、オリエンタリズム(西洋中心思想)など、「そうなのか」と思わせる部分が多々あり面白かった。
    世界史、つまりは世界という物が時代時代のヨーロッパでどう捉えられ来たのか、そしてそれが現在の思想にどうつながっているのかがコンパクトにまとめられた良書。

  •  ヨーロッパ世界が世界史を著す過程について論じた本。著者の前著『聖書vs世界史』よりも一般向けの内容となっている。

     古代には”アジア”、”ヨーロッパ”、”リビア”(アフリカ)という世界の三区分(ヘロドトス)、「人間の本性が同じである限り、過去に起きたことはまた将来にいつか起きる」という円環的な時間観念(トゥキュディデス)、自分たちの世界の外にはバルバロイや化物がいるという”化物世界誌”という思想体系が生まれる。この間には”自由”を享受するヨーロッパと専制君主に”隷属”させられているアジアという対比の構図が生まれ、後世に影響を与える。

     ローマ帝国崩壊を経て中世には普遍史が確立し、ルネサンス、大航海時代には転換期を迎える。ニュートンが人間を神の似姿から自然体系の一員として見なし、物理学における絶対的時間という概念を発見して以来、文明や進歩の美名の下に植民地主義を肯定する風潮が生まれる。モンテスキューはアジアが未だに専制政治の下停滞しているのは風土によるものだ、としている。

     19世紀にランケが登場することで、史料批判に基づく近代歴史学が確立する。また、マルクスは唯物史観に基づき、歴史は資本主義段階を通じて人類を解放する過程であると主張する。

     このレビュー自体、あまり纏まりがないが、歴史というものは過去の人間が未知の人、モノ、考え方に直面したときに取った対応の過程を記したものであるという認識を改めて確認することになった本だった。

全22件中 1 - 10件を表示

世界史とヨーロッパ (講談社現代新書)のその他の作品

岡崎勝世の作品

世界史とヨーロッパ (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする