武士道の逆襲 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (12)
  • (16)
  • (31)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 202
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061497412

作品紹介・あらすじ

存亡を懸けて自己を問う。武士道とは大和魂ではない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時間があれば

  • 新渡戸稲造の武士道のオマージュ的な作品と思っていたが、いい意味で裏切られた。

    新渡戸のいう武士道を明治武士道と定義し
    本来の武士道とは違うという内容。
    本来の武士道はもっとリアリティーを持ったリーダーシップであることが理解できた。

  • 本書は、明治以前のリアルな武士の精神=本来の武士道と、明治期に作られた思想=明治武士道は、似て非なるものだという。
    世界に誇るべき日本人気質=武士道も、明治期に作為的に作られたものに過ぎないのだとすると、我々日本人が本来的に備えている特質って一体何なんだろう。改めて考えさせられる。

  • 今日、『武士道』と言うと新渡戸稲造の著書を連想すれど、新渡戸稲造の武士道はあくまで明治時代に発行されたものであり、国を纏める為、政策的意図が強いと指摘する。
    本来の武士道とは常に死と隣り合わせであった武士にとっての行動規範のようなものであって、新渡戸稲造の武士道とはあまりに違いが大きいと。
    作中によく引用される『葉隠』も機会を作って読んでみたい。

  • 201309/
    武士の実力は、基本的には、リアルな物質的な力の総合にある。現実に己の存亡を懸けている現場にあっては、そのことを単純に否定するような妙な精神主義の入る余地はない。ただ、そのリアルな力の現実を見据えつつ、その力を保持し、駆使し、拡大していくことができるための条件として、ある種の人格的、精神的な力が考えられていたのは確かである。/
    今日の社会では、一応の建前として、自他の対立は、話し合いによって解くべきであるという考えが主流を占めている。理性的な対話こそが無垢・絶対であるとする立場に固執するならば、たとえば問答無用で切りかかってくる武士に対して、どのような言葉を投げかけうるのかを考えてみる必要があるように思われる。自分と他人は異なっているということの深さは、何によっても埋めがたい。どうしても対立を解消したいのなら、刀を抜いて相手を倒す以外にない。こういう考えを、野蛮であるといって片づけるのは簡単である。しかし、そういったからといって、自他の隔たりの深さという問題自体がなくなるわけではない。むしろ、武士を野蛮と笑うそのときに、私たちは、他者の他者性という問題自体を見失っているかもしれないのだ。/
    武士道はキリスト教と矛盾しないという対外的な説明に使われた武士道は、ここでは逆に、キリスト教は武士道と矛盾しないという対内的弁明に用いられることにもなる。/
    本書がとらえる武士道の基本骨格は、キーワードで示すなら、「私」「戦闘者」そして「共同体」である。これらは、それぞれ「自立」「実力」「心情的一体」という三つの価値に対応している。それは新渡戸稲造の『武士道』とは、まるっきり似ても似つかぬものであるということだ。/

  • 【Impression】
    武士道を全く持って勘違いしていた。
    確かに言われてみれば、「武士道」が全て綺麗ごとで(現代的な感覚で)語られていることに違和感はある

    実際、「殺人」を生業としている人たちのことで、そのような世界に身を置いている人に対して、現代の感覚での道徳がニアリーイコールとなるはずはない。

    「武士」の世界の凄絶さがよく伝わってきたと同時に、頭の中の整理も出来てよい本だった

    【Synopsis】
    ●現代の日本において語られている「武士道」は、武士の本質を表したものではなく「明治時代の国家・軍事体制を整えるため、世界に日本を説明するため、キリスト教と日本人の価値観の根底が一致していることを示すため」提示された概念のこと。
    ●武士道は、「本来の武士道」と「明治武士道」に分けることが出来、現代において語られているのは後者である。前者も正確には2分割でき、「太平時代(徳川政権)以前以後」である。
    ●前者の武士道においては、太平時代においては前時代の「壮絶たる武士」の行動を否定しようという動きはあるが、根底に通じる「理想の武士像」は同様である。要するに、後期武士道は儒教的な概念から武士の行動を説明するものであり、前期武士道は血みどろの戦闘の中において達成される。
    ●中庸はダメであり、両極端の矛盾を同時に体現する事が求められる。
    ●明治武士道は、天皇を中心とした「軍隊」を整えるため、武士と主人の間に存在した「つながり」を見出すため「大和魂」という「同じ日本に住んでいる」というところに見出した。かつ、外国におけるキリスト教と日本の価値観は似ている、ということを証明するために明治武士道を作り上げた。要するに「国民道徳」である。そして国民道徳において「戦闘者」であることを薦めていない。しかし、武士は「戦闘者」でないと成り立たない、よってイコールではない。

  • 個の戦闘者としての思想は現代人とは共有できないが、その極めようとするところには感嘆させられる。

  • ――――――――――――――――――――――――――――――○
    武士の世界のバランスは、過不及を削った適度としての中庸のことではなく、一人の人物が過激な両極端を矛盾なく体現するところの中庸なのである。両極端を足して二で割った常識ではなく、両極端をそのまま包み込む、いわば両極を超えたところにある常識なのだ。98
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    一は一であるということを決して曲げないところこそ、天地宇宙を通じて唯一つ確実な拠り所である。相手が神であれ仏であれ、己れの頼むべき所はそこにしかない。これこそが、武士の発見した「哲学」だったのである。112
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    自らを支えるのは、法でも道徳でもなく、自分は刀を抜く存在であるというただその一事にある。それこそが、「男道」「武士道」の、基本中の基本なのである。188
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「忠」とは、自分の主人という特定の人格に対する関係である。これが、「忠」というものに対する普通の理解であった。そのことがおそらく、帝国軍隊に、その統合の核を、国家という抽象的なものではなく、天皇という人格に求めさせた(意識的か無意識的かは別として)大きな理由であったと考えられる。250
    ――――――――――――――――――――――――――――――○

  • 武士道をそもそも論から論じた本。確かにこういう切り口から考えると、武士道に対する理解が進む。ありがちな切り口でないのが新鮮で貴重。勉強になるが、これからどう生きるべきかと考えて、武士道に頼りたいと思っている私のような人には、ちょっと違和感があるかも。

  • 明治以降の新渡戸武士道と本来の武士道は違うぞ、では本来の武士道とはなんだったのかってゆう本。
    様々なエピソードや論考がとてもおもしろった。明治になって武士道が廃れ新渡戸武士道として復活するまでのところも、いきなりお家の私兵って具体的な個人の関係が抽象的な国家の軍隊にならなかったので、天皇の統帥権ってのは天皇という人格を利用したもんだとか。キリスト者が武士道を擁護してった背景に、西洋に日本にも道徳があるというのを紹介しようとしたところが大きく、新渡戸武士道もその点で本質から逸れてしまっただとか。
    この本で紹介された武士の考え方で今の生活に説明がつくものも以下のように多々あって、そこは参考にしたいと思った。
    武士道の根源とは本当の実力とは何かととの問いの中から生まれた。腕力だけでなく、統率力や人望や経済力や運など、様々な要素を含めたものが実力である。
    重要視するのは説明でなくて事実、そうじゃなきゃ命を預けられない。
    形や威儀へのこだわりは実力の発露、すべてが威の表現である。
    勝たなければ名は得られない。地名を名字にするのもその地を守り抜いて来たという実力の証。
    大高城から一晩動かなかった家康、これは武士としての分別があったから。一は一と事実をありのまま受けとめる分別が大事。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

皇學館大学文学部神道学科教授

「2019年 『本当の武士道とは何か』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅野覚明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ルース・ベネディ...
三島由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

武士道の逆襲 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×