男と女の法律戦略 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.41
  • (3)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061497689

作品紹介・あらすじ

不倫、離婚、慰謝料、婚約詐欺…テレビが絶対に教えない「男女関係と法律」の鉄則!屈指の経験を持つ弁護士の「戦わずして勝つ」考え方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 離婚や不倫や婚約破棄など、男女間のトラブルの解決に法律が一役買うことは少なくない。これらの事案を請け負うときの弁護士の戦略が紹介されている。裁判は駆け引きなのだなと感じた。

  • 38346

  • 105円購入2013-03-10

  • エンターテイメント。離婚や不倫問題の解決の具体的な手段というよりも、より普遍的な「交渉のための心構え」が経験則をもとに書かれている。
    読み物のような感じでサラッと楽しく読める。
    人生のうちでどれだけ交渉術を駆使するような状況に立たされるかは分からないが、この本で読んだことをちょっと心に留めておこうとは思った。

  • 離婚相談に役立ちました。

  • むしろ法律面より戦略的な対人交渉の実践例が分かる。
    総合的なコストを比較して動くことは合理的だが,当事者には,すぐに納得できない人も多いでしょう。
    離婚問題を抱えた人は,一読するといいと思う。

  • 離婚したい人には本当に役に立つ。
    慰謝料を上手に取るノウハウや交渉術が満載で、弁護士に相談する前にこの本を使ってみる手もあるかも、と思えるほどだ。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荘司雅彦(しょうじ・まさひこ)
1958年、三重県生まれ。81年、東京大学法学部卒業、旧日本長期信用銀行入行。85年、野村證券投資信託入社、86年9月、同退社。88年、司法試験合格。91年、弁護士登録。2008年、平均的弁護士の約10倍の案件を処理する傍ら、各種行政委員会委員等も歴任。元SBI大学院大学教授。
『中学受験BIBLE』『最短で結果が出る超勉強法』『最短で結果が出る超仕事術』(いずれも講談社)、『荘司雅彦の法律力養成講座』(日本実業出版社)、『小説離婚裁判』(講談社文庫)など著書多数。『男と女の法律戦略』(講談社)はドラマ「離婚弁護士II」の脚本に、弁護士の戦略として採用される。また「こたえてちょーだい! 」(フジテレビ)、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)などテレビ、ラジオに多数出演経験あり。現在、サイバー大学客員教授として「六法と法哲学」を担当、NewsPicksのフォロワー数は10万人を超える。

「2022年 『すぐに結果を出せる すごい集中力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荘司雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
J・モーティマー...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×