数学的思考法―説明力を鍛えるヒント 講談社現代新書

著者 :
  • 講談社
3.16
  • (13)
  • (42)
  • (86)
  • (22)
  • (9)
本棚登録 : 519
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061497863

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数学的思考法ということで、その大切さを訴えた一冊になっています。
    しかし、理由に終始しすぎている感があります。著者の主張は尤もで真っ当で正当なのですが、もう少し日常的具体的な思考法を取り入れてくれると有り難いと思いました。
    例えば、おもちゃ20種類のガチャガチャがあって、何回回せばコンプリートできるかを数学的に解答したり、水平線までの距離を測ったり等、もっと身近なもので説明があると魅力的になると感じました。その点で言えば、既読である野口哲典『知ってトクする確率の知識』や谷岡一郎『「社会調査」のウソ』が良書であると言えます。
    ただ、上記2冊では、なぜ数学的思考法が大事なのかは上手に解説していないので、数学の魅力を発見するためには本書と併せて読むと良いでしょう。
    数学的思考には取捨選択が必須だし、大局的・局所的な物事の見方が必要になるので、著者の主張には全面的に賛成です。もっと面白く、便利でやりがいのある授業になるように望みます。
    僕の評価はAにします。

  • 数学はやり方だけ覚えても意味がない。
    計算が速くできるだけでも意味がない。
    証明など、なぜそうなるかをよく考え、試行錯誤し、よく理解してきちんと説明できるからこそ応用も聞くようになるし、数学以外のところでも役に立つ考え方の勉強になる。
    日ごろから考える癖をつけること、じぶんなりにきちんと考えることを忘れてはいけない。そしてその積み重ねが運良くひらめきにつながることも有る。

    その他、場合わけ、データの取り方、戦略的思考など身近なものの考え方に数学は関係深いことを改めて感じる。

  • 日本の数学の凋落の原因は、証明問題の軽視にあるというのは、中学生の子を持つ親として納得。

    p70の、見直しによって誤りを直せる力をみにつけると、試行錯誤して考える力も自然と身に着くようになる。

  • 2005年刊行。

     本書の内容は、表題とはやや異なり、主に数学学習の必要性と、ゆとり教育による数学を含む授業時間数の減少に対する批判的眼差しから、現行(当時)の数学教育のあり方を説いたものである。

     本書で書かれていることはいちいち尤もであり、特に、数学学習ではもとより、より一般的に論理的な思考を身につけるには、設問に対する試行錯誤が必要だということ。
     ある事象を解析するには、その事象の発生要因とその個数、当該事象への影響の度合いと重要度の把握を要するとある。全く同感である。

  • 世の中には数学と聞くだけで拒否反応を起こす人が多くいるかと思います。学生時代、「こんな式覚えて役に立つのか?」と思った事がありましたが、大人になってから「あの時ちゃんと勉強しておけばよかった。。。」と思うのも数学ですよね。この本を読む事によって”論理的に考える事”を大切さと学び直すモチベーションが湧いてくる良書です。

  • Kindle Storeで安かった&評判が良かったので買ってみたが、内容は至って普通。塾講師or予備校講師or家庭教師などの経験がある人なら一度感じたであろう違和感についてつらつら述べているだけで、新発見はなし。

  • 芳沢先生の本を初めて読みました。僕には難しかったけれど、他の本をまた読みたいと思いました。

  • 数学を勉強する意義が書かれているが、「論理的思考のすすめ」といった方が適切かもしれない。数学を題材としているが、副題にある通り「説明力を鍛えるヒント」を知りたい方には有益だと思う。
    各トピック毎に分量が少なく、短い時間で読むことができる。

  • タイトルに期待し過ぎた。普通。著者の他の本が気になったので借りてみるきっかけの本。

  • 『分数ができない大学生』と論旨はほとんど同じ。
    インド式 vs マスコミ みたいな感じ。数学的思考法を知るための本というよりは数学的思考法に対する「世間」の見方を知る本。

全47件中 1 - 10件を表示

数学的思考法―説明力を鍛えるヒント 講談社現代新書のその他の作品

芳沢光雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

数学的思考法―説明力を鍛えるヒント 講談社現代新書を本棚に登録しているひと

ツイートする