カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.26
  • (36)
  • (77)
  • (245)
  • (27)
  • (10)
本棚登録 : 983
レビュー : 107
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061497887

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代は、"祭り"を駆動原理として動いているのではないか?との問題提起をした一冊。社会学の本で、大学4年の時に読んだ。Neetの現象、携帯電話やMixiが生活に溶け込むっていうのがどういう意味を持つのかを丁寧に分析していった一冊。

  • メインテーマを論じる前に前置きの別テーマを2つ3つ、本書の半分以上のスペースを割いて説明した後に「ほらつながったでしょ」的な説明をしても納得しなかった。著者としては、説明・論理展開に工夫をしてあっと驚く視点を披露してやろうという欲目があったのだろう。それに呼応する読者もいるだろうが、私はあまり感心しなかった。個々の内容については特に変に感じたものは無し。

  • 2007.5.19掲載

  • 2007/04/17 読了
    2009/10/06 移動

  • 2006.10 なぜ、若者が会社を辞めてしまうのか?監視社会とは?読めばよく分かる。とても納得です。注目の若手研究者。

  • 現代に生きる若い世代のことを言い当てているのかな。とふと思ったのは事実だが、こう決め付けるのもいかがなものかと不満を覚えたのもまた事実。

  • みやだいせんせの弟子。するどい。

  • 正直内容覚えていない・・・ 06年4月

  • 私が得たものは、
    ◎切り取られる私
    ◎背景としての他
    ◎仮面の密着性
    かなあ。
    まあ全然関係ないこともありますけど。

    私が私がっていうのも、厄介なんだなあと思った。選択の幅がありすぎるっていうのもこわいものなんだなあ。
    自由に責任はつきものだけれど、その責任をどこに向けて果たすのかがわからないし、責任を果たすことそのものの意義がなくなっている気がした。

  • これがきっかけで(動機ではない)編入学してしまいました。<BR>
    人生変わりました。

全107件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1976年生まれ、福岡県出身。関西学院大学先端社会研究所所長、社会学部准教授。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター客員研究員。専攻は理論社会学。著書に『カーニヴァル化する社会』(講談社現代新書)、『SQ“かかわり”の知能指数』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ウェブ社会のゆくえ<多孔化>した現実のなかで』(NHKブックス)ほか多数。

「2019年 『未来を生きるスキル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)のその他の作品

鈴木謙介の作品

ツイートする