カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.26
  • (36)
  • (77)
  • (245)
  • (27)
  • (10)
本棚登録 : 982
レビュー : 107
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061497887

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宮台弟子。まつりっすね。

  • タイトルが指すカーニヴァルとは、祭りのヨカーンの「祭り」です。(まじ。)瞬発性の「躁状態」に自らを追い込んでは、また「鬱」に気付かされる。モチベーションなんかあるわけないのに、無理やりひねり出して今日をやりすごす、空回りの連続。<Br>
    それこそが社会全体の駆動原理だっていうんだからスケールがでかい。プチ絶望な近未来。<Br>
    ついでにゲロ難しかった。正統な社会学論文に近い。薄いけど何日も持つ(笑)<Br>
    私の躁鬱病とはあまり関係なかった・・・。

  • 到底受容できるような個性じゃないのに不安だから誰かの欲望を頭に刷り込んで今日も生きてるんだ。賢い選択だと、あらゆる行動に自分探し的投資マインドを捻り込ませて。「ハイテンションな自己啓発」

  • とりあえず若者はみんな読めばいいとあたしは思うわけです(笑)。監視社会論のおさまりがちょっと悪いかなという気もしなくもないけど、若い子のどうしようもなさをすごくうまくすくいあげてくれる人だよなーと思う。一時期真剣に鈴木先生に恋してました(笑)。

  • まず、本の題名に惹かれて手にとってみたのが始まりである。著者は理論社会学の若手の研究者である。内容は現代社会(後期近代)において「カーニヴァル=祭り」の現象がなぜ起こっているのかというものを解明しようとしているもの。それを若者の雇用問題、監視社会、携帯電話によるコミュニケーションなどのトピックに関する分析を踏まえながら説明しようとしている。今まで社会学関連の書籍は進んで読んでこなかったが、今回の本はなかなか興味深いものであった。

  • 巷ではミニ宮台君と呼ばれる人。至るところに社会学理論が散りばめられており、さすが!と思いました

  • 要するに世の中は根拠の無いうわっ付いたハイテンションで動いていきます。

  • 2chネラーにして社会学者なブライテストホープによるニート、監視社会論。データベースを参照する自己が組織化する社会の変化の兆候「階層化」と「それが欲する祭」を考察。買った当初はすげえ面白いなあと思ったんだけど、「インターネットは僕らを幸せにしたか?/森健」を読んだらそうでもなくなったのはなぜだろう。

  • まだ20代という若手の社会学者による、カーニヴァル化&データベース化する社会についての考察。

    全体的に不明瞭な部分が目立った。もっと掘り下げて書いて欲しい部分が多々あった。まあ紙幅が限られているからしょうがないのかもしれないが。

    しかし非常に興味深い点もいくつかあった。
    理論は置いておいて、以下の二つの文章が印象的だった。学校生活において、そして就職活動において私が感じた漠然とした疑問と同じだ。

    1.「私達の社会は、多数の、内的に幸福な、しかし客観的には搾取され、使い捨てられる大衆と、夢から覚めているが故に内的には不幸だが、セーフティーネットや社会的資源を活用することのできる少数のエリートへと分極化する可能性を有している」p.167
    2.「<働く>ということが、こうした躁状態と鬱状態の循環によって支えられているのではないかと思いたくなる。 .....私たちはなぜ、ありもしない「何か」に向けて必死になり、突然空気が抜けるように萎えてしまうのか.....」p.172


    内的に幸福だが外的に不幸か、それとも内的に不幸だが外的に幸福か。どちらが良いか。究極の選択だ。

  • 自分の論を持っているわけではないが、こういった社会学の話は大好きだ。
    少し前の時代(近代初期)人々が帰属していた会社やムラなどの共同体・組織にあたるものの存在が消えつつある今(近代後期)、主義としても生き様としても「一貫性を貫く」ことが困難になっている。個人がそれぞれの主義をその場その場で自由に選択するようになったため、場当たり的に同じ目的を持つ人同士が集まった時、それが瞬間的に盛り上がり、インターネット上の「祭り」に見られるような爆発的な盛り上がりとなる。これが筆者による「カーニヴァル化」だ。他と一致できる(盛り上がれる)理由がありさえすれば、その内容・影響は二の次なのだ。その現象が、ニートやフリーター等の就労問題や、個人情報を「監視」される監視社会など、様々な切り口で分析されている。偉くキレる文章だが筆者はまだ30そこそこなことに驚く。これで「出来る限りわかりやすく書き直した」というのだから、わたしにゃ難しすぎた。

全107件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

1976年生まれ、福岡県出身。関西学院大学先端社会研究所所長、社会学部准教授。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター客員研究員。専攻は理論社会学。著書に『カーニヴァル化する社会』(講談社現代新書)、『SQ“かかわり”の知能指数』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ウェブ社会のゆくえ<多孔化>した現実のなかで』(NHKブックス)ほか多数。

「2019年 『未来を生きるスキル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)のその他の作品

鈴木謙介の作品

ツイートする