国際テロネットワーク: アルカイダに狙われた東南アジア (講談社現代新書 1823)

著者 :
  • 講談社
3.13
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 42
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061498235

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:316.4||T
    資料ID:95050625

  • 国際テロ組織、アルカイダ。
    彼らが各国のテロ組織と結びつき拡大してゆく歴史を描く。

  •  「テロリスト・ネットワーク」なるものを追うルポルタージュ的新書。筆者は研究者であるが、本書の内容は研究というよりもジャーナリズム的で、一般読者向け。

     自分が高校生や大学1年生の頃であれば、非常に楽しんで読めた本だと思うが、推測が断定的に真実のように書かれていたりと、研究者として看過できない面も多い。

     ただ、それでもできるだけ現地に入り、現地の声も伝えつつ読み解きたいという筆者の姿勢は評価できるし、その地域の専門家がいるのに、英語だけでどうにかなるし、どうにかするという無鉄砲ぶりもある意味で尊敬できるように思う。

     ただ、内容の評価となると、NHKが海外のテロ関連のドキュメンタリーを放送しているような感じで、面白いが、あまり使えない本という感じだろうか。

  • 21世紀のテロ組織の代名詞でもあるアルカイダが、どのように東南アジアに進出し、この地域を足場に利用しているかの論説。ビン・ラディンやアルカイダの歴史や背景も軽く触れられている。本書を読んだ時点では、ビン・ラディンは殺害されてしまっているのだが、この後のアルカイダやテロは、どうなってしまうのか。

  • [ 内容 ]
    1994年、ビンラディンは爆弾テロ専門家をフィリピンに送り込んだ―アルカイダの進出戦略、地元テロ組織との連携、9・11の悪夢はアジアから始まった!
    国境を越えて根を張るネットワークの全貌!
    なぜテロはやまないのか?
    その答えが本書にあります。

    [ 目次 ]
    第1章 変化するアルカイダ(アルカイダの誕生―原点は失業対策;見つけた再就職先―スーダンと湾岸戦争 ほか)
    第2章 アルカイダの東南アジア進出(なぜ東南アジアなのか;フィリピンに拠点を置いたアルカイダ ほか)
    第3章 東南アジアのアルカイダ系テロ組織(アルカイダ系テロ組織とは何か;ジェマー・イスラミア(JI) ほか)
    第4章 テロの資金源(多角的なテロ資金の調達;ビンラディン系の資金ルート ほか)
    終章 国際テロネットワークと向きあう(国際テロネットワークは根絶可能か;ガバナンスと治安機関 ほか)

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • カラチはパキスタンの玄関口。もともとはイギリスによるインド支配のための軍事的拠点になり、アフガニスタンへの流通ルートにもなっていた。深い闇が支配するカラチは、イスラム過激派にとってまさにシェルターである。
    東南アジアには2億人のイスラム教徒が住んでいる。
    フィリピンにもいて、成田行きのPALが爆破されたこともあった。怖い。

  • アルカイダについてよくまとめられている入門本だと思う。<br />特に、テロ組織については体系的に学べる本が少ないだけに、有益である。

  • 東南アジアはテロ集団の温床になってるみたいです。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

竹田いさみ1952年東京都生れ.上智大学大学院国際関係論専攻修了.シドニー大学,ロンドン大学留学.Ph.D.(博士,国際政治史)取得.獨協大学名誉教授,同大学院講師.専門は海洋安全保障,東南アジア・インド太平洋の国際関係,海洋と海賊の世界史.著書『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房,1991年,アジア・太平洋賞特別賞受賞),『国際テロネットワーク』(講談社現代新書,2006年),『世界史をつくった海賊』(ちくま新書,2011年,国際理解促進図書優秀賞受賞, 山縣勝見賞特別賞受賞),『世界を動かす海賊』(ちくま新書,2013年,山縣勝見賞特別賞受賞),『海の地政学』(中公新書,2019年)など.

「2023年 『物語 オーストラリアの歴史 新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹田いさみの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×