知的な大人の勉強法 英語を制する「ライティング」 (講談社現代新書)

  • 講談社
3.53
  • (4)
  • (3)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061498310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 米国留学歴のある著者が、日本における英語教育を踏まえつつ、「ライティング」の重要性を強調する。いろいろあるが、結局のところ、「先生、すなわち、適切な添削者を見つけるべし」というところに帰着するよう。実に至難。また、何を目標にしているかに影響されるかも。

  • 日本の英語教育は間違いってわけじゃないぜ、むしろお遊びみたいな英会話で本当の英語力が付くと思うのか?1番大事なことは英語を書いてしっかりとした教養あるネイティヴに添削を受けることだ的な。これはおれの経験からもそうだよなと思うし、当然会話するには会話の訓練が必要だけど、今思えば大学時代にもっと書き物の添削を受ければよかったわ。
    そして中世から今に至るまでにいろんな外国語習得のアプローチがあったけど、会話重視と読み書き重視が振り子のように振れてきたんだと。さらにESLなんかでは会話重視、でも英語ネイティヴが外国語を学ぶ時は読み書き重視、この使い分けは…って話が面白い。真の教養とはなんでしょうってとこだな。

  • 英語を独習する方法として、ぜひ実行してみたい。
    日本の大学入試を前提とした英文法のテキスト1冊読破する事で、殆どの英語圏で使う英文法はマスターできる。という一言が印象に残った。

    ゼネラル・サービス・リスト
    1200単語中学生レベル
    3000単語高校生レベル
    アメリカの高校・大学入試用のリスト

    出来るだけ例文を覚える事
    見た事のある英語表現を使って英作文を作る

  •  英語を学ぶなら会話よりも読み書きの能力、わからない単語を辞書を引いて調べ、いわゆる「学校英語」の文法知識をしっかりと身につけること。まさにこれこそが王道なのだ。

  • ライティング礼賛本。
    だが、自分も同意見だったので何ら問題。

  • [ 内容 ]
    会話重視の学習よ、さらば!
    本物の英語力を育てる「5パラグラフ・ライティング」とは何か?
    トリリンガルの著者による最強の英語習得戦略。

    [ 目次 ]
    第1章 何が問題なのか(WHY?)(英語教育にまつわる神話 日本の英語教育は何が間違っているか?)
    第2章 何を学ぶべきか(WHAT?)(留学で英語が伸びる理由 「書く」ことのすすめ パラグラフ・ライティングの授業法 英語圏学習法の示唆するもの)
    第3章 どう学ぶか(HOW?)(良い先生を見つける いますぐできる独習法)
    終章 振れすぎた振り子(既存のアプローチを見渡す ESLを乗り越えて)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 20070429

全7件中 1 - 7件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×