名山へのまなざし (講談社現代新書)

著者 : 齋藤潮
  • 講談社 (2006年7月19日発売)
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061498518

名山へのまなざし (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 山岳信仰を様々な面から考察していて面白い。

  • 【資料ID】26518
    【分類】454.5/R25

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]
    第1章 山岳の形象(離れて山岳を眺めるということ;山岳の形象論)
    第2章 神としての山岳(三輪山―御諸の神奈備;富士山―高山峻岳型の神体山;男体山―二荒山神社と神の山;比叡山―琵琶湖側より仰ぎ見られた神体山;伊吹山―威力荒ぶる神の山;神としての山岳―峰へのまなざし)
    第3章 仏としての山岳(比叡山と後水尾院;男体山と輪王寺庭園(逍遥園)
    伊吹山と大通寺含山軒庭園
    仏としての山岳―山岳と向き合うこと)
    第4章 谷文晁の眼(山岳画集『日本名山図会』;伊吹山を万願寺東方の丘陵から描く;比叡山を一乗寺付近より描く;男体山(日光山)を松立山から描く
    谷文晁の眼―写実と観念のはざまで)
    第5章 山岳と風景(風景とは何か;風景が変革するということ;形象の違いと風景の変革;山岳の見かたは創造される)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 名山と対話できる孤高の先達の名著.景観とデザインを繋ぐため,彼の思考を辿らねばならない.峯は思いの中にある.

全4件中 1 - 4件を表示

齋藤潮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

名山へのまなざし (講談社現代新書)はこんな本です

名山へのまなざし (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする