生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.81
  • (936)
  • (1317)
  • (1231)
  • (141)
  • (38)
本棚登録 : 9773
レビュー : 1231
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061498914

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文系の人にも読みやすくしてくれている。

  • 本書を読んだ最初の感想は
    「理科の教科書に足りないものが、ここにある」
    というものだった。もちろん、理科に必要な「知識」を
    この本がすべて網羅しているわけではない。

    「生物とはなにか?」という、素朴すぎる疑問。
    「動的平衡状態」を維持する細胞内の「複製」の
    メカニズムを解明するための、思考と行動。
    高校の物理で「理系キャリア」をあきらめた僕には、
    このダイナミックでスリリングな物語の底辺にある
    「知りたい、解明したい」という圧倒的なエネルギーが、
    まぶしいくらいに輝いて見える。

  • ー生命とは動的平衡(ダイナミック・イクイリブリアム)にある流れである

    熱い本だった。
    生命とは何か?ーそんな誰もが一度は思った疑問に筆者が歴史的経緯を紐解きつつ、自身の研究や考察、解説を加えて丁寧に綴られている。

    実際、生命とは何だろうか。
    自分はどう定義しているのだろう。
    世の中には何となく棚上げして生きている疑問が数多くある。
    生命が動的平衡にある流れ、というのも考え方のひとつに過ぎない。でも確かに、ハッとさせられる考え方である。もっと色んなことを考えて生きていたいと感じた。

  • ”生物と無生物のあいだ”福岡伸一著 講談社現代新書(2007/05発売)

    ・・・延々と生物とは何か!の話が続くのかと思いましたが、違いました。
    (もしそうなら現代新書ではなくブルーバックスで出てるはずよなー)

    各年代の研究者の紹介をしつつ”生命とは動的平衡である”という結論に至る話。
    名前だけは知っているワトソンとクリック、物理学者のシュレディンガーの生物についての言もあり、
    こういったジャンルに縁のない身としては楽しめました。
    (逆に詳しい人なら物足りないかも?)

  • 分子生物学を専門とする科学者たちの人間模様や、DNAやタンパク質などのしくみ、生命とは生きるとは何かといった哲学的な問いかけなど、様々な内容がつまった一冊。論理的な文章にこれほど文学を感じた本をはじめて読んだ。面白かった。

  • 高1のときに生物の勉強をサボりまくった身にもわかりやすかった。でもやっぱ生物のメカニズムに関する説明は、わかりやすかったけれども疲れた。生物の勉強をしっかりしとけば良かった(自業自得)

    以前、学校の現代文の課題で著者の文章が出た。動的平衡について書かれていた。(それがキッカケでこの本を手に取ったわけではないが)
    生命の神秘を感じさせるものだと思い、感動した。絶え間なく壊される秩序という表現は一見矛盾しているように見えて面白い。


    シュレーディンガーが登場したときは驚いた。
    物理と化学、生物と化学が合わさるのはよくある気がするが物理と生物という組合せは初めて知った。
    僕は建築関連の仕事に就きたいので、物理学と一生付き合っていくことになると思う。
    「生物は出来るだけ効率のよい仕組みが進化的に選択されてきたとする見方だ」(P256)
    この生物学の考え方が、建築分野に活かせる気がしてならないのだ。

  • 2014.01.28読了。
    今年3冊目。

    難しかったので小説のようには読み進められなかったけど、かなり興味深い内容で最後まで読み切れた。

    生物とは、生命とは何か?

    私たちの身体は毎日変化のないようでいて、分子のレベルで言えば日々変化している。
    見た目にはお変わりないようでも実はすっかり入れ替わっていてお変わりありまくりであること。
    わかりやすくて面白かった笑

    私自身には何気ない1日でも、身体の細部は毎日変化し、かつ動的な平衡が保たれている。
    生命の持つ適応力、復元力にただただ感動した。

    たくさんの科学者たちの話も面白かった。

  • 面白かった!面白かったけど、タイトルはこれじゃなくても良かったかもなといった内容でした。遺伝子関連の話は大体頭に入っているので、むしろ物理学的な視点での生物や動的平衡の考え方に興味が惹かれました。あと、先人たちの研究の道筋が発見した内容と方法も交えて紹介されているので、ある種のクロノジーとしても楽しめました。

  • 人から紹介されて読んだ。「動的な平衡状態」に着目して、生命とそのふるまいを形作る登場人物たちを紹介する。

    章の最後に次の章に繋がる一文がしばしば挿入されるという(科学者が書くにしては)斬新なスタイル。良い意味でも悪い意味でも一般向けの本。

    構成はともかく、表現の引き出しの多さはすごい。特に比喩表現が巧みで、遺伝子、アミノ酸やタンパク質が形を変えていく様子がまざまざと想像される。

  • STAP細胞のあれこれがあったあとだけに細胞やDNAなどに真摯に取り組んできた科学者たちの話は興味深く読めました。
    文章がとても美しくて素晴らしい。

全1231件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

福岡伸一 (ふくおか・しんいち)
生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2013年4月よりロックフェラー大学客員教授としてNYに赴任。サントリー学芸賞を受賞し、ベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)ほか、「生命とは何か」をわかりやすく解説した著書多数。ほかに『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)など。

「2019年 『フェルメール 隠された次元』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

ツイートする