生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.81
  • (937)
  • (1317)
  • (1231)
  • (141)
  • (38)
本棚登録 : 9776
レビュー : 1231
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061498914

作品紹介・あらすじ

生きているとはどういうことか-謎を解くカギはジグソーパズルにある!?分子生物学がたどりついた地平を平易に明かし、目に映る景色をガラリと変える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生物学に携わる方は一読の価値あり

  • 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)

  • 細胞生物学のことが分かりやすくそしてドラマティックな筆致で書かれている。
    筆者は生物学が専門だけど、文学の才能もあるのではと思う。

    大学で理系の学部、生物はちょっと知識がある、というレベルの自分にとっては、ものすごく面白かった。


    DNA二重らせん構造解明の裏側、生物学分野への物理学者からのアプローチ、生命の動的秩序維持の話、などなど。

    面白く、そして感動。


    ノックアウト実験ではDNAを欠損させて真に必要かどうかを見極める。これを生命は自然の中で行っている。突然変異だ。


    どれだけ生物学が発展しても、きっと自然には敵わないだろう。
    生命ってなんて素晴らしいんだろう。
    そう思わせてくれる。

  • 生物の謎

  • 高校で学習した「生物」と「化学」がやっと繋がった。さらに「物理」にもつながって、生きていることの不思議さがますます実感できる。
    日本とアメリカの研究室事情もわかり、科学エッセイ、科学歴史としても面白い。
    今まで不思議に思っていたことが、やっぱり研究者にとっても不思議なことだったのか、となんだか嬉しくなってしまう。

  • 目的: 楽しみながら教養を身につけるため

    目的達成度: 4.0

    ★感想

    「生命とは何か」を著者の研究の経験から追い求めていく作品。

    生命というより、生物のシステムの神秘を感じることができた。

    普通は凡人には全く理解できないことであるに違いないが、説明が大変分かりやすく、1つ1つを理解しながら読み進めることができた。

    下記の一文は、読めば読むほど言いようのない不安を感じるが、同時に生命の神秘を感じることもできる印象に残った一文。

    「私たち生命体は、たまたまそこに密度が高まっている分子のゆるい淀みでしない。しかもそれは高速で入れ替わっている。この流れ自体が生きているということである。」

  • 少し難解な部分もあったが、各章の導入部分が、普通のエピソードから始まるのがいい。

    「生命とは動的平衡にある流れである」
    「バカの壁」を読んでいたので、人間は変わらないように見えて、1年も会わなければ変わりまくりというのが再確認できた。
    あとがきのトカゲの赤ちゃんのエピソードはとても、いい。

  • 解釈や表現が正しいかはわからないですが、


    人の細胞は
    常に新しいものに生まれ変わっていて
    今ある自分は、何か確たる形として存在するのてばなく
    大きな変化の流れが
    人の形をしているに過ぎない



    それがすごく心に沁みたと言うか
    腑に落ちた、というか





    ああ、そうか

    と、
    ひどく静かに心の中にすとんと何かが落ちてきた感じがしました。




    ノックアウトマウスの実験がすごく印象的で。
    遺伝子に欠落があっても
    生物はなんとか埋め合わせをして
    体のシステムを最適化するしなやかさがある。

    動的平衡、と言うそうです。




    「生命と言う名の動的な平衡は、それ自体、
    いずれの瞬間でも危ういまでのバランスをとりつつ、
    同時に時間軸の上を一方向にたどりながら折りたたまれている。
    それが動的な平衡の謂いである。
    それは決して逆戻りのできない営みであり、
    同時に、
    どの瞬間でもすでに完成された仕組みなのである」




    この本、何日か前に読み終わったのですが
    なかなか言葉が頭の中でまとまらなくて。
    今もやっぱりまとまらない。
    でもこの文章に
    今まで考えていたことや知ったこと
    それらにも共通するものがあるような気がしました。




    自然言語処理で
    機械が言葉の意味を理解するために
    足りない何かも、

    人生を生かすことを考えるときに必要な何かも

    「今」の自分を見つめるために必要な視点というか、あり方と言うか
    そう言うものも

    この文章と通じるものがあるなと
    そんな風に思いました。
    忘れられやすいものはいつも、時間軸。




    うまく説明出来ないですが
    機械を考えるときも
    人生を考えるときも
    他人を考えるときも
    自分を理解するときも


    「今の私」はこの文章みたいなスタンスでいるのが良いのかもしれない。







    八章以降、
    とくにエピローグを読んだ時に
    なぜみんながこの本の感想で
    文章が美しい、と言うのかが
    なんとなくわかった気がしました。

  • 既に多くのことが語られている作品であるが、実は未読であったため、いつか読まねば、と思っていた。ちょっとした縁でとある超進学校の図書館司書が入学する1年生に勧める100冊というリストを見ていて、今さながら読もうと思った次第。

    やはり本書の魅力というのは、分子生物学の研究者としての科学的な視線と、極めて文学的/詩的でかつ明瞭なその文体がミックスされる独自の世界観にあるのだろう。

    科学的な観点から見れば、「生命とは動的平衡にある流れである」というテーゼと、そのテーゼを実感できる遺伝子実験のエピソードは、新鮮な驚きを与えてくれる。遺伝子操作によってある機能を完全に排除した細胞を注入された生体は、動的平衡によってその欠損を補うことで、正常性を維持する。一方、その機能を部分的に欠損させた細胞を注入すると、動的平衡はうまくいかず、異常行動を示すようになる。我々の直感では後者よりも前者の方が、明らかな異常を示しそうに見えるが、そうならないという点に、生命の不思議さがある。

    また、文学的/詩的な観点から見れば、ニューヨークはマンハッタンの地下を貫く、厚く巨大な一枚岩盤を通して、”振動”が常に街中を満たしている、という文章は、読み手の想像力をかきたてる何かがある。様々な生活の音が地下の岩盤へ伝わり、岩盤の共鳴を通じて、また地上へと伝わっていく。目には見えない岩盤がニューヨークという街のリアルな通奏低音を奏でている、というのはトルーマン・カポーティが描きそうな都会特有のロマネスクにように感じられた。

  • 蒼井優さん大絶賛!
    「6回ぐらい読みました。」

    初版から12年ほどだろうか。
    各帯の面々の言葉が廃れて見える。
    あとがきが、あらかじめ用意されていたかのような周到さで、この人は研究者なのか、「書き手」なのか分からない。たぶん書き手なんだと思った。
    センター試験の現国に出てきそうな筆致。

全1231件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡伸一 (ふくおか・しんいち)
生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授。2013年4月よりロックフェラー大学客員教授としてNYに赴任。サントリー学芸賞を受賞し、ベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)ほか、「生命とは何か」をわかりやすく解説した著書多数。ほかに『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)など。

「2019年 『フェルメール 隠された次元』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福岡伸一の作品

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)に関連する談話室の質問

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする