トポロジカル絶縁体入門 (KS物理専門書)

著者 :
  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061532885

作品紹介・あらすじ

注目の新物質「トポロジカル絶縁体」の専門書! この1冊ですべてがわかる!

・トップ研究者が「基礎理論」から「トポロジカル超伝導体」までを丁寧に解説した。
・「量子力学」「固体物理学」のおさらいも充実の親切設計!
・新材料創製を志す人すべてに読んでほしい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • “近年、物性物理学の分野では「量子物質」の研究が盛んになっている。量子物質とは、量子力学的に興味深い物性を示す物質の総称であり、超伝導体、量子スピン系、マルチフェロイック物質などさまざまなものがあるが、その中でも異彩を放っているのがトポロジカル絶縁体(topological insulator)である。トポロジカル絶縁体の定義を一言で言えば、その電子状態を記述する波動関数がヒルベルト空間の中で非自明なトポロジーを持つ絶縁体、ということになる。(p.1)”

     トポロジカル絶縁体・超伝導体の入門書。夏休みに5章まで読んだが、しばらく続きを進める時間がとれなさそうなので一旦中断。
     この分野を中心に扱った日本語の教科書は代表的なものが2冊あるが、本書は実験家の方が書かれたもの(もう一冊は野村健太郎『トポロジカル絶縁体・超伝導体』)。そういうこともあってか、具体的な実験の手法や最近の進展がかなり手厚く解説されている印象を受けた。もちろん理論面に関しても、ほとんど行間なく、丁寧に式変形・議論を展開してくれていて非常に分かりやすい。前半数章を、本書で必要となる量子力学や固体物理の復習に割いているのもありがたい。自分も途中までしか読めていなくてなんだが、トポロジカル物質に興味がある人には強くオススメする。

    1 トポロジカル絶縁体とは
    2 量子力学のおさらい
    3 固体物理学のおさらい
    4 フェルミ面の観測法
    5 トポロジカル絶縁体の基礎理論
    6 トポロジカル絶縁体物質
    7 トポロジカル絶縁体の物性
    8 トポロジカル超伝導体
    9 応用への展望

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大阪大学産業科学研究所 教授

「2014年 『トポロジカル絶縁体入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤陽一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×