なっとくする行列・ベクトル (なっとくシリーズ)

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061545229

作品紹介・あらすじ

現代数学の基礎であると同時に幅広い応用をもたらす「線型代数(=行列とベクトル)」の考え方を、豊富な応用の話題をまじえて分かりやすく解説する。本書の特徴の一つは「理論や操作のビジュアル化」。一見難しく見える行列やベクトルの働きや理論をビジュアル化することによって、裏に隠された「しかけ」が見えてくることになる。このビジュアルなアプローチが、本書に一貫している手法であり精神である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙のデザインが、とても分かりやすい雰囲気をかもし出しています。
    なっとくするのは、9章の物理学、経済での応用例と、コラムの記述です。

    内容が悪いわけではありません。
    内容は8章までは、他と変わりがない数学の本になっています。

    できれば、全部の章の例題を、物理学と経済からもってきてほしかったです。

  • 数字に意思を感じます

全2件中 1 - 2件を表示

なっとくする行列・ベクトル (なっとくシリーズ)のその他の作品

川久保勝夫の作品

ツイートする