絶対わかる化学結合 (絶対わかる化学シリーズ)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061550513

作品紹介・あらすじ

化学結合は電子のやりとり。電子配置、軌道エネルギー、電子遷移、分子軌道法、混成軌道、d軌道、分子間力など結合の理解に必要な知識がすっきりと絶対わかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2004/12/29読了

  • 電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000028410 
    ※学外から利用する場合は、リンク先にて「学認アカウントをお持ちの方はこちら」をクリック→「北海道大学」を選び「選択」をクリック→入学時に配布されたID/PWでログイン

  • まあまあ参考になった。専門の無機化学を学ぶ前に見ておくといいかも。

  • 高校の教科書や大学受験向け参考書が教えてくれない概念をわかりやすく解説した最高の書。図板も説明もクセがなく秀逸で難しくなく、すべての高校生に進められる。

  • 軌道の結合の様子を掴むのに良いと思います。”絶対わからせる”という著者の意気込みを感じます。他のシリーズも同様に分かりやすいのかな?

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

名古屋工業大学名誉教授、愛知学院大学客員教授。大学に入学以来50年、化学一筋できた超まじめ人間。専門は有機化学から物理化学にわたり、研究テーマは「有機不安定中間体」、「環状付加反応」、「有機光化学」、「有機金属化合物」、「有機電気化学」、「超分子化学」、「有機超伝導体」、「有機半導体」、「有機EL」、「有機色素増感太陽電池」と、気は多い。執筆暦はここ十数年と日は浅いが、出版点数は150冊以上と月刊誌状態である。量子化学から生命化学まで、化学の全領域にわたる。

「2023年 『目にやさしい大活字  SUPERサイエンス「腐る」というすごい科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

齋藤勝裕の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×