休み時間の生物学 (休み時間シリーズ)

著者 : 朝倉幹晴
  • 講談社 (2008年10月22日発売)
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061557017

休み時間の生物学 (休み時間シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 駿台予備校市ヶ谷校舎の講師である著者が、stage1を基本見開き2ページ、全86ステージで生物学の基本となることを解説した本。休み時間シリーズにあるように、何となく復習したいとかの人に向いていると思う。

    内容は細胞、情報処理細胞(脳関係)、血液循環、生化学(いのちを支える分子たち)、細胞分裂と生殖、遺伝の仕組み、発生、遺伝子のはたらき、生態系と植物、生物進化の各論に分かれており、1Chapterが、6~10stageで構成されている。

    このような解説書は、人の向き不向きがあると思うので、書店などで手にとって読むかどうかを決めたほうがよいと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

休み時間の生物学 (休み時間シリーズ)のその他の作品

朝倉幹晴の作品

休み時間の生物学 (休み時間シリーズ)はこんな本です

ツイートする