心理学のためのサンプルサイズ設計入門 (KS専門書)

  • 講談社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061565678

作品紹介・あらすじ

数式での記述を最低限におさえ、事例の解説から、サンプルサイズ決定のしくみが理解できるようにした。データをとりはじめる前に目を通しておきたい1冊。卒論から学術論文まで、すべての研究に通じる基本が身につく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここまで具体的にサンプルサイズ設計の仕方を説明してくれた本(日本語の)はないのではなかろうか。とてもわかりやすい。
    が,正直なところ,やっぱり設計は難しいなあとも感じる。複雑な実験デザインならなおのこと。でもまあ,先行研究で相場を見つつ,必要ならここに書かれてるようなプログラムをRで実行して,って,やるしかなくなっていくんだろうなあ。

  • プロとして古典的テスト理論に基づいて研究を進めるためには必要なスキル。いずれ論文作成のガイドラインに含まれるだろう。多色刷りで読みやすい。
    しかし,まだ十分に理解できていない。初歩的な統計を学ぶ時に学生が示す困惑に似ているかも(読めるけど分からない!)。Cohenの表,5-80ルール。こういうデザインの研究をする時にはこういう計算をする,といった単純な事例集があると分かりやすいのかも(まるで算数の参考書だけど)。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

文京学院大学人間学部教授

「2018年 『ウォームアップ心理統計 補訂版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村井潤一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする