相対性理論 (講談社基礎物理学シリーズ)

著者 :
制作 : 二宮 正夫  北原 和夫  並木 雅俊  杉山 忠男 
  • 講談社
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061572096

作品紹介・あらすじ

本書は『講談社基礎物理学シリーズ』の第9巻であり、相対性理論という物理学分野を詳説するものです。
相対性理論とは、有名なアインシュタインが1905年(特殊相対性理論)と1916年(一般相対性理論)に提唱した理論です。光の速さや宇宙全体の構造といった壮大なスケールの物理現象を扱う、物理学の中でも特にエキサイティングな分野です。本書は、普通の力学の常識と異なった面白い現象が現れることを、例題とその解説で示し、読者に魅力を感じていただける本になっています。
本書は、「特殊相対性理論」で終わってしまう教科書が多い中、「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」の両方を解説しています。一般に難解といわれる「一般相対性理論」をかみくだいて易しく説明しましたので、ぜひチャレンジしてみてください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  特殊から一般まで。次に何を考えたらよいのかという問題意識にページを割いている。10分補講のコーナーで実験的証拠を挙げていたりしてわかりやすい。天下り的に数式を与える箇所もあるが見通しは良い。

     ページ数を抑えるため文章と同じ行内に数式が入っているところがあり,そこは読みにくい。

     難易度(0~5) ☆☆☆
     評価 (0~5) ☆☆☆☆

  • 高校時代、私は文系だったので、あまり物理のことは分からないのですが、「相対性理論」という言葉はよく耳にするので、図書選定を機会に学んでみたいと思いこの本を選びました。
    (教育学部・国語専修:匿名希望)

  • 和図書 421.2/Su49
    資料ID 2010104787

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

杉山 直(すぎやま なおし)
名古屋大学大学院理学研究科教授。1961年ドイツ生まれ。早稲田大学理工学部卒業、広島大学大学院理学研究科修了、理学博士。東京大学理学部助手、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、京都大学大学院理学研究科助教授、国立天文台理論天文学研究系教授を経て現職。東京大学カブリIPMU主任研究員併任。著書に、『宇宙その始まりから終わりへ』(朝日新聞社)、『膨張宇宙とビッグバンの物理』(岩波書店)、『相対性理論』(講談社)など。

「2020年 『宇宙の始まりに何が起きたのか ビッグバンの残光「宇宙マイクロ波背景放射」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉山直の作品

ツイートする
×