わが師わが友 (講談社学術文庫 55)

  • 19人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 朝永振一郎
  • 講談社 (1976年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061580558

わが師わが友 (講談社学術文庫 55)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校の入学祝いにいただいた本で、物理学者の朝永 振一郎さんの若い頃の日記。

    父のお友達で、私の高校の大先輩にあたる方が、高校の入学祝いにと送ってくださった何冊かの本のうちの1冊です。

    その方は、当時、東大で教えておられていて、その3年後に
    「マリちゃんは、なんで東大に来ないの?」と、聞かれ、答えに窮することになります。

    「行きたいのはやまやまなのですが、成績が、、、お呼びじゃないみたいです。(苦笑)」

    一緒にいただいた他の本はどこに行ったのかしら。多分、実家においてあるのですが、この本だけ、なぜかずっと私と一緒に海を超え、糸魚川を超え、、、。

    ノーベル賞を受賞される人でも、こうやって悩んで大きくなったのね、と、安心したいので、もう大きくなりすぎた私ですが、時々読み返します。

    ドイツ留学時代にヒットラーが出てきて、時代の違いを感じてドキッとするのですが、それ以外は、今どきの留学生みたいな感性です。

全1件中 1 - 1件を表示

朝永振一郎の作品

わが師わが友 (講談社学術文庫 55)はこんな本です

ツイートする