日本語を考える (講談社学術文庫 159)

著者 : 岩淵悦太郎
  • 講談社 (1977年6月発売)
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061581593

日本語を考える (講談社学術文庫 159)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 国語学者の著者が、日本語にまつわるさまざまな問題について分かりやすく解説している本です。

    日本語に関する興味深い薀蓄が数多く開陳されているという点では、高島俊男の「お言葉ですが…」シリーズ(文春文庫)や呉智英の「正しい日本語」シリーズ(双葉文庫)に通じるところがあります。ただし、高島や呉の本には文明批評的なエッセイという雰囲気が強いのに対して、本書はあくまで啓蒙的なスタンスでの解説に徹している印象です。おもしろさという点では、高島や呉に軍配をあげたいところです。

全1件中 1 - 1件を表示

岩淵悦太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本語を考える (講談社学術文庫 159)はこんな本です

ツイートする