蜻蛉日記(上)全訳注 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
2.88
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061582361

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 道綱母による蜻蛉日記。古文と現代語訳だけでなく、語釈、解説までついているので、わかりやすい。

    日記と言いつつ、蜻蛉のような自身の身を強調するために都合のいいことしか書いていないとのことではあるが、道綱母の気の強さ、ちょっと上から目線の考え方が現れている。

  • 主人公は放ったらかし、この時には寵愛を受けていなかったのか。嘆いてばかりでした。辛かっただろうに...。

  • 高校2年生/図書館にて
    915.33カ
    3241

  • 「あるかなきかのかげろふ」のごとき身の上を綴ったというこの蜻蛉日記。だいたい名前が実名ではなく「道綱母」としか残っていないって時点で、当時女性は立場が低かったのね、と推測されちゃう感じだよね。女流日記シリーズの中で、一番陰湿な感じがするかも、あ、でも紫式部日記もかなり陰湿(笑)

  • 平安時代に書かれた日記文学。時の権力者・藤原兼家との愛憎が赤裸々に描かれた作品。千年経っても人間がやってることはさして変わらないんだなと思う。
    全編通して兼家の愛に振り回される姿が主だが、幸せな時期もあった筈なのに何故言及されていないのか、長年不思議に思ってはいた。それはこの作品の主眼を考えての構成なのだと補説で述べられているのを読んで納得。そういった点を計算して作品を組み立ててるとは、道綱母は「作家」なのだなあ。

  • 蜻蛉日記の全訳書。
    訳のところだけ読んでもおもしろい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

岡山県生まれ。コピーライターを経てフリーに。介護、女性、子どもの問題を中心に取材し、「婦人公論」ほかに寄稿。著書に『まじくる介護 つどい場さくらちゃん』(雲母書房)、『家族が選んだ「平穏死」』(長尾和宏との共著、祥伝社黄金文庫)などがある。

「2018年 『あなたが介護で後悔する35のこと そして、後悔しないための8つの心得』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上村悦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×