とりかへばや物語(4) 冬の巻 (講談社学術文庫)

  • 50人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 桑原 博史 
  • 講談社 (1979年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061582965

とりかへばや物語(4) 冬の巻 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料番号:010778983
    請求記号:913.3ク

  • 最終巻は、兄と妹が入れ替わったことで両親や2人に関わった姫君など、みんな幸せになりましたとさ、チャンチャン、という感じで終わりました・・・
    正直4巻はいらなかったのでは?!と思うくらい話も進まず、盛り上がりもなく、結構退屈でした。
    が、全巻とおして振り返るとなかなか面白かったです。
    この時代、男性には男性にしか、女性には女性にしか出来ないことばかりで、現代のように男女が同じように働く、とか、同じような服装でいる、とかがありえない。そんな時代に性を逆転させ、性別による思考回路の違いを描いてる作品って斬新!とあらためて感心しました。

  • 第四巻。三巻で女主人公救出は終了ているので、四巻は入れ替わった二人がその後どのように幸せになったかという後日談のようなものだ。兄は人臣位を極め、妹は国母となるという、めでたしめでたしと言っていい流れ。
    ただ、気になったのは四の君が生んだ宰相中将との間の子。四の君と夫婦となった兄の右大将も宰相中将の子には冷淡なようだし、その後の記述も全くない。主人公に絡む人間ではないからだろうが、子供達の微妙な立場を考えると可哀想だ。当時の風習ではどうなのか分からないが、宰相中将が引き取って育てろよ!と思う。四の君は右大将の手前、何も言えないだろうに。最後の最後まで宰相中将は最低だ。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

とりかへばや物語(4) 冬の巻 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする