明治維新と日本人 (講談社学術文庫 479)

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061584792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ペリーの来航から明治初期にいたるまでの歴史を解説し、まったく新しい世界史の舞台に投げ入れられることになった日本人が、そのなかでどのような選択をおこなったのかということを論じている本です。

    著者は、長崎の出島などのごく一部における交流を除いて、世界への扉を閉ざしてきた日本が、ペリーの来航によって否応なく西洋と対峙しなければならない状況に直面させられることになったとしながら、何人かの先覚者たちがそのような状況を真摯に見つめようとしていたことを明らかにしています。とくに著者は、大塚久雄が「近代的人間類型」の特徴として、個人の「内面的自発性」、「公平」の観念、近代科学へ向かう「合理的思考」、そして「名もない民衆の日常的経済生活を深くも顧慮するところのあの社会的関心」をあげたことに触れて、幕末から明治にかけての日本人のなかにそうした特徴をもつ人びとがいたと主張します。

    内発的な「近代化」への動きを拾いあげていくという本書の枠組みは、現在ではすこし古びてしまったようにも感じられますが、著者の議論は平明で幕末から明治初期の大きな流れを把握する手助けになります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

芳賀徹

1931年山形県生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。同大学院比較文学比較文化博士課程修了。東京大学教養学部教授、国際日本文化研究センター教授、京都造形芸術大学教授、同大学学長などを歴任。97年、紫綬褒章受章。2006年、瑞宝中綬章受章。2018年、日本芸術院賞恩賜賞。2020年2月逝去。著書に『大君の使節』(中公新書)、『みだれ髪の系譜』(美術公論社)、『平賀源内』(朝日新聞社、サントリー学芸賞)、『絵画の領分』(朝日新聞社、大佛次郎賞)、『与謝蕪村の小さな世界』(中央公論社)、『詩歌の森へ――日本詩へのいざない』(中公新書)、『藝術の国日本 画文交響』(角川学芸出版、蓮如賞)、『文明としての徳川日本』(筑摩選書)、『桃源の水脈 東アジア詩画の比較文化史』(名古屋大学出版会)など多数。

「2021年 『文明の庫 Ⅱ 夷狄の国へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芳賀徹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×