日本人の言霊思想 (講談社学術文庫 483)

著者 :
  • 講談社
3.05
  • (1)
  • (0)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061584839

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ざっくり再読。古代、万葉、仏教とのかかわりから近代まで「言霊信仰」についての考察。古典をじっくり調べて数字で色々証明してあるのはすごい。

    言と事の違い、同一視も興味深いけど、古事記などの神様の「~ノミコト」のミコトが御言だというのも成程。

    呪文の類もそうだけど、読経も確かに、読むだけで成仏させられるとか怨霊退散できるとか、言霊ありきなんだよなあ。

    名前にも確かに言霊はあると思う。諱ってすごい風習ですよね。源氏物語の登場人物400人以上の中で本名で書かれているのは10人ちょっとっていうデータもすごいと思った。確かに、みんな通称や役職名だ。

  • 期待した内容ではなかったものの、
    こと(事)とこと(言)が口語では同じだったということを知れたのはよかった。

全4件中 1 - 4件を表示

豊田国夫の作品

ツイートする