神の痛みの神学 (講談社学術文庫)

著者 : 北森嘉蔵
  • 講談社 (1986年6月発売)
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061587434

作品紹介

神の痛みの神学は、「実体」としての神に痛みがあるなどというのではない。神の痛みは「実体概念」ではなくして、「関係概念」である。すなわち「神の愛」の性格である。この点の理解を欠くことが、この神学を父神受苦説と混同する根本原因である。神の痛みの神学は「栄光の神学」からはあくまで「外に」立ちつづけるであろう…。日本人の手になる真に独創的な神学書として各国語に翻訳され、欧米の神学界に大きな影響を与えた必携の名著。

神の痛みの神学 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神の痛みというと「我々の罪咎によって神の御心を傷める」ということを想像してしまうのですが、著者は明確にそれを否定し、それは感傷的な表現としてむしろ斥けるべきである。神は我々の罪に対しては怒り給うのであって、決して痛み給うのではない。真に神が痛み給うのは、怒りの対象である我々を愛しようとし給うことである。(P199)と明確に述べています。エレミヤ書31章20節の「是をもて我が腸、かれのために痛む、我必ず彼をあわれむべし」という言葉との衝撃的な出会いから、この神学が生まれたということになるほどと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

神の痛みの神学 (講談社学術文庫)のその他の作品

神の痛みの神学 単行本 神の痛みの神学 北森嘉蔵
神の痛みの神学 単行本 神の痛みの神学 北森嘉蔵

北森嘉蔵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

神の痛みの神学 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする