仏教信仰の原点 (講談社学術文庫 760)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061587601

作品紹介・あらすじ

日本人の宗教信仰の核心をなしているものは何か。本書は、奈良時代の遊離魂信仰、平安時代の鎮魂儀礼、鎌倉時代の成仏・往生思想の三つの観点から、これを歴雑的に考察した。庶民の生活実感の中に深くしみこんでいる信仰、即ち崇り信仰に対して、その崇りを排除するために行われた空海の加持祈祷の儀礼をはじめ、親鸞・道元等の仏教思想との葛藤は、今日も本質的に変わっていないと説く。仏教信仰の原点を問い直した最新の意欲作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の講演をもとにした論考6編を収録しています。

    古代以来の日本人の霊魂信仰と、それを超えようとする仏教思想との関係について論じたものや、真言宗における密教儀礼と大嘗祭の祭儀とのつながりについて、両者の生命主義的な思想に着目することで考察をおこなったものなど、仏教民俗学の立場から日本人の信仰のありように迫っています。

    また、東北やインドといった地域に根ざした人びとの信仰の本質に迫る試みや、親鸞と道元の思想的なスタンスの違いについて論じた文章も収められています。

    講演がもとになっていることもあり、非常に読みやすい文章で日本人の仏教信仰の「原点」について説明がなされており、おもしろく読みました。

  • 日本人の霊魂観については歴史が概観でき、ありがたい。
    魂が奈良時代以前はタタル(現れる)もので、平安時代になると個人の魂が祟るものとなり、鎌倉以降は集団の魂が対象となる儀礼がみられるようになる。
    密教儀礼については疑問点が多かった。
    空海側からばかりではなく、受容側の需要が高まったことも大きいのでは。
    日本は山の思想、インドは水の思想。
    これはおもしろいなぁ。
    やはり東北仏教はおもしろいなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山折 哲雄(やまおり・てつお)
昭和6年サンフランシスコ生まれ。父は浄土真宗の海外布教使。震災の被災地岩手県花巻市で少年時代を送る。東北大学印度哲学科卒業。同大助教授を経て国立歴史民俗博物館教授、国際日本文化研究センター所長などを歴任。むずかしいテーマを分かりやすく、かつ独得な視点から論じて読者を飽かさないユニークな宗教学者。専門の宗教学、思想史のほか、西行などの文学的テーマから美空ひばりまで、その関心とフィールドの広さは定評がある。『人間蓮如』『悪と往生』『ブッダは、なぜ子を捨てたか』『親鸞の浄土』など、著書は100冊を越える。

「2022年 『日本人の心と祈り 山折哲雄講演選集 CD版 全6巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山折哲雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×