密教の哲学 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061588844

作品紹介・あらすじ

人の心の深淵に眼をひらき、そこで成就される個と全との神秘的な合一に、初めて確かな洞察を向け、それを全身的に把握する実践と儀礼の体系をつくり、上げた密教-。本書は、空海が体系化した教学を中心に、密教のもつ世界観・認識論・実践哲学・仏陀論などの基本的な構造を明らかにした。2千年に及ぶインド仏教の歴史全体の結実であり、また、仏教伝播の総決算ともいわれるその神秘思想に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とにかくフラットに密教のことを書き連ねている。一気に読むには体力いるけど手元に置いてたまに引っ張り出すと使えそう。

    中盤のマンダラの構造の詳細説明が興味深い。

  • リアル教科書。
    でも、曼荼羅の解釈は教授と違うので比較図書状態。

  • なんか難しすぎると言えば難しいんだけども知りたいことを調べる裏づけの資料とかにはなるかと。

全3件中 1 - 3件を表示

金岡秀友の作品

ツイートする