道元禅師語録 (講談社学術文庫)

著者 : 鏡島元隆
  • 講談社 (1990年10月5日発売)
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 28人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061589445

道元禅師語録 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鏡島元隆『道元禅師語録』(講談社学術文庫、1990)


    著者は駒大仏教学科から同大教授、総長を経て曹洞宗立宗学研究所所長となった筋金入りの学僧です。

    著名な『正法眼蔵』と対をなす『永平広録』、そのうち道元禅師の語録を取り上げて注釈を付したもの。禅師のスピーチを秘書がまとめたものが今に伝わっております。

    理論派で浄土宗系とはかなり雰囲気が異なる曹洞宗ですが、執着を嫌う姿勢は仏教共通のものです。

    迷い、執着からの離脱。いかにも宗教の本質に思えますが、アイエンガー『選択の科学』(文芸春秋、2011)など最近の脳科学研究で決断数の上限の理論が明らかになったりと、生物としてのヒトの本質に由来する問いのようにも思われます。



    【本文より】

    ○上堂して言われた。仏法とは、身や心についての執われがすっぽりなくなることだ。対境がすべて執着の相手でなくなることだ。ここにいたれば、悟りもないが、どこにも迷いのつけようもない。

    ○もし永平(わたし)ならばそうは言わぬ。仏法においていちばん究極の問題は何でしょう、と問うものがあれば、ただそのものに答えて言おう。それは、早朝には粥を食べ、昼には飯を食べ、体がすこやかであれば経行し疲れれば眠ることだ。

    ○巌頭のいう小魚、大魚を呑むとは、和尚が儒書を読むことだ。仏教とか儒教の対立を超えることだ。さらに、仏教とか外道の対立を超えて、仏教に対する執われもなくしてしまうことだ。

  • 重陽だとか冬至だとか、季節にあわせた説法が面白かったな。昔の人は暦に敏感だったのですよね。農業的にも宗教的にも暮らしに密接していて。
    難しいお話は分からないのですが、禅の公案は雲がどうとか天がどうとか、以外と詩的でロマンティック、そして宇宙すら感じる広大なものを秘めている……のはなんとなく感じられました。
    しかしながら、やはり道元さんと言えば活力に満ちた御方。
    「人人尽く衝天の志あり」=人々は天をも衝く志気がなければならぬ。
    強い志のお方です。

全2件中 1 - 2件を表示

鏡島元隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

道元禅師語録 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする