レトリックの記号論 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (9)
  • (14)
  • (23)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 173
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061590984

作品紹介・あらすじ

われわれを取り囲む文化とは、巨大な記号の体系に他ならない。言語においても単語はそれぞれの意味をそなえた記号であり、それらが集まってできる文は複合的な記号となる。想像力ないし創造力を駆使して微妙な言語現象を分析・解読するレトリックの認識こそ、記号論のもっとも重要な主題なのである。言語学を越えたの領野を呈示した著者のレトリック研究の集大成の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6 佐藤信夫『レトリックの記号論』(1993)
    ・レトリックは、物の見方を変える:レトリックは、発見的認識への努力に近い。
    りんごが地面に落ちた。=りんごに向かって地面が突進してきた。

  • <閲覧スタッフより>
    コトバを科学する。
    私たちは日常会話の中で、どのような状況で言葉を用い、それがどういう意味を生み出すのか?というように、
    言語を科学的に研究する学問を「言語学」と言います。
    そんな「言語学」の基礎知識について学べる資料をご紹介します。

    --------------------------------------
    所在記号:文庫||801.6||サト
    資料番号:10073202
    --------------------------------------

全3件中 1 - 3件を表示

レトリックの記号論 (講談社学術文庫)のその他の作品

佐藤信夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ウィトゲンシュタ...
デイヴィッド ロ...
村上 春樹
サン=テグジュペ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

レトリックの記号論 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする