スミス・ヘーゲル・マルクス (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061591004

作品紹介・あらすじ

近代市民社会を考察して、アダム・スミスは土台である経済が「見えざる手」に支配されると考えた。後にヘーゲルは経済の自律的体系は不可能で、市民社会は国家に包摂されることで存立し得ると批判し、マルクスは経済の中の宥和なき矛盾のため市民社会は社会主義に移行すると説いた。本書は、西欧三大思想家が主張した自由主義、国家主義、社会主義の生い立ちと体系を独自の視点から考察した名著である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • \105

全2件中 1 - 2件を表示

難波田春夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印

スミス・ヘーゲル・マルクス (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする