ガリア戦記 (講談社学術文庫)

著者 :
制作 : 國原 吉之助 
  • 講談社
3.86
  • (32)
  • (27)
  • (45)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :354
  • レビュー :40
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061591271

作品紹介・あらすじ

前五八年以降、数年にわたりカエサル率いるローマ軍が、ガリアからブリタニアにいたる広範な地域をローマの勢力下におこうとして遠征を試みた貴重な記録である。当時のガリアやゲルマニアの情勢を知る上で必読の書として知られ、また、カエサル自身の手になるラテン語で書かれた簡潔にして流暢な文体は、文学的にも高い評価を受けている。タキトゥスの『ゲルマニア』とならぶ古代研究の最重要史料。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ローマ人の物語を読んだときからいつか読もうと思っていた本。
    2000年前の話が生々しく伝わってくる。幾つもの惨殺すら記述するのだから。勝者の弁と言う当たり前の事を抜いても、それ程多くない人数で、戦いを勝ち抜いてきた所、特に、事前の情報収集を元に作戦を立て、実行に移し、相手の降伏の交渉においては、武器を一箇所に集めさせ、大量の捕虜を取ると言った一連の組み立て以外に、兵士の昼夜分かたずの力戦、設営なども興味深い。
    解説の年表にある、25歳の時に、「修辞学を学ぶ」と言う箇所は、この戦記だけでは無く、カエサルの政治家、軍人としてのベースになったんだなと。

  • 7年に及ぶ戦争を淡々と表現していますけど、的確な状況の把握、明確な決断根拠・目的が記録されていて、とても2000年以上前に書かれた手記とは思えませんでした。
    世界を動かす人間力はどのようなものか、スケールを感じさせてくれました。

  • 世界史でも有名なガイウス・ユリウス・カエサル(紀元前100~紀元前44)の書いた「ガリア戦記」。優れた武人だった彼がいかに文才溢れた人だったか……余計な装飾なし、質実剛健、的確で怜悧で美しい、ときに直接話法が挿入され、まるで戯曲のようなメリハリ……ほんとうにびっくり仰天です!

    「確かにすばらしい。それはむき出しで、率直で、優雅である。裸体が着物を脱いでいるように、あらゆる修辞的装飾をかなぐり捨てている」(キケロ「プルトゥス」)

    紀元前900年ころから欧州(今のフランス、ベルギー、北イタリア、スペイン、ドイツ、イングランド)の広大な地域を移動しながら、主に農耕に勤しんできたケルトの多種多様な民族。当時のローマは彼らをガリア人と称し、紀元前59年~51年、カエサルは、このだだっ広いガリアの地を東奔西走しながら征服していきます。読んでいるだけで眩暈がしそうなほど仕事中毒なカエサル、信じられません、一体こんなすごい戦記をいつ書いたのだろう? う~ん、忙中閑あり!?

    もっとも歴史はつねに多面的で、ガリア人(ケルト人)からみればローマのカエサルという男は恐るべき征服者です。「ガリア戦記」をながめてみても、平和や防衛の名のもとに、征服のための戦争をなかば正当化している様子が伺えます(現代でも頻繁に耳にするような話)。考えてみれば、2500年前のペルシャの戦争、ペロポネソス戦争、ギリシャとローマの戦争……いつの世も人間は戦争や破壊に明け暮れているのだと思うとしょんぼりしてしまいます。それでも当時のそういった時世を理解することができ、ローマの風習や政治・規律、元老院の様子(このあたりは『プルタルコス英雄伝下』が面白いですよ♪)、ガリア民族の興味深い記述を目にしていると、こんなに凄い書物を残したカエサルという人物や、それが後世にまで残った歴史の奇跡に驚いてしまうのです!

    「ガリア戦記」は、ローマ屈指の詩人ウェルギリウスの「アエネーイス」にも多大な影響を与えたようです。確かに来る日も来る日も戦争に明け暮れていたローマという国、でもそのローマでさえも抗えない「時」という怪物にいずれは呑み込まれていきます。人間の営みの途方もない栄枯盛衰……当時の詩人らの作品をながめてみても、平和を希求する彼らの哀愁が伝わってきます。
    それから2000年たったいま、あいかわらず内戦や紛争に明け暮れている世界、当時とさほど変わらないのではなかろうか……そんなことをつらつらと考えてしまいます。これも読書の醍醐味ですね♪ 後世のシェイクスピア、モンテーニュ、ゲーテ、ナポレオン……といった人々に霊感を与えてきたこの本、みごと壮大!

    ***
    「整えた髪にアクティウム戦勝の月桂冠を戴き、
    平和女神パクスよ、おいでください。
    全世界で優しくあり続けてください。
    敵がいなければ、凱旋を祝う理由もありませんが、
    その間はあなたこそが将軍たちにとっては
    戦争よりも大きな栄光となるのです。
    兵士が携える武器は
    防衛のための武器だけでありますように。
    荒々しいラッパの音が告げるのは、
    ただただ祝祭の行列でありますように。
    近隣から最果てまで、
    世界中がアエネーアスの血統におののきますように。
    もしローマを恐れない国があったとすれば、
    その国はローマを愛しますように」
    (ローマ詩人 オウィディウス)

  • 「ー」

    カエサルによるガリア地域の平定がカエサルによって書かれている。大変にシンプルな書き方で、美しい。たぶん原文はもっと美しいのだろう。ローマ人の物語、でカエサルの章をすでに読んでいたので、うまく理解できた。8巻からはヒルティウスによって書かれており、それによってカエサルの文章の書き方が優れていると再確認できる。

    ガリア人、ゲルマン人について記述されている。そこから、彼らに有効な戦術を考え、統治してきた様は素晴らしい。カエサルは偉大だ。

  •  カテゴリは悩んだが戦争論にした。
     来た、見た、勝った。という有名な三単語を読むだけでも目を通す価値があると思う。私は一時期シェークスピアにはまっていた時期があったので、ジュリアス・シーザーのついでだったのだけれど……
     しかし結果的に、2000年経っても読ませる文章として残っているという点に、カエサルの歴史を感じることが出来た。

  • カエサルの著。古典に共通する簡潔さを極限まで濃縮した一冊です。動乱の時代の先頭を駆け抜けてきた男達の生き様の記録がここにあります。

  • PDF

  • 予備知識がないと、ちょっと読むのがしんどい。巻末の遠征地図を見ると「よくもまあ、こんな広い範囲を行ったり来たりしたもんだ」と呆れてしまう。読んでいてガリア側に肩入れしてしまうのは判官贔屓かな。

  • ユリウス・カエサルによって書かれたガリア遠征記。
    カエサルの文章はキケロと並んで、ラテン語の名文といわれていますが、2000年以上前に書かれたものとは思えないほど、簡潔にして要点を得た文章。9年に亘ったガリア・ブリタニア遠征の全貌がつかめます。この遠征によってライン川がローマ帝国とゲルマン民族との国境が確定し、その後のローマ帝国の繁栄にもつながります。4~5万人の軍団でガリア全体を征服したカエサルの戦略的・戦術的な天才性ばかり目立ちますが、結果的に100万人以上の死者を出したといわれるガリア側から見ればいい迷惑なんでしょうが。

  • 人生の50冊
    豊かな教養のための楽読部門 ベスト2

    ヨーロッパをデザインした男、ユリウス・カエサル本人によるヨーロッパ統合史。
    これ以上ないというくらいに簡潔で、明瞭。
    文章の目的は、
    政治家による広報文書であり、
    マスコミ機能を利用したプロパガンダと考えれば
    合点がいくが、これほどの文章力で自分の業績を表現できる政治家が歴史上でどのくらいいるか。
    まさに不世出の人物による自伝。

全40件中 1 - 10件を表示

ガリア戦記 (講談社学術文庫)のその他の作品

カエサルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

ガリア戦記 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする