昭和恐慌と経済政策 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (3)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061591301

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても面白かった。経済政策は純粋な経済理論によって実行されるわけではなく、時の政治の動向に左右されるという視点は本当に大事ですね。

  • おりしも安倍政権が誕生しデフレ脱却へと大きく前に進もうとしてる。過去を紐解いてみたいと思い、昭和恐慌に関連する書籍第2弾として本書を読んだ。当時の出来事が頭に入ってきた。
    第一次大戦後の不況と日銀特融による財界支援、緊縮財政と欧米強調路線、軍備縮小、金輸出解禁とさらなる経済圧迫、そして満州事変、金兌換停止、日銀の国債引受と連なって、226事件へ。国際情勢の変化と、国内の政府、経済、軍部の激しいせめぎあいの状況だ。明治憲法、政治体制、軍部、金本位制など現代とは全く仕組みが違うのである。当時の仕組みについてしっかりと理解をする必要がありそうだ。

  • 現在の、経済情勢と照らし合わせて読むと、大変面白い。もちろん、現在は金本位制ではなく、金輸出解禁などという問題ではない。しかし、財政政策と金融政策をどのように考えるか、という根本問題では大いに参考となる。まあ、世の中あまり進歩していない、という言い方もできるが、経済のグローバル化がより進展していることは確かなので、資本主義経済の不安定性による危機のリスクもより大きくならざるを得ない、というところだろうか。

  • 昭和初期の民政党政権の大蔵大臣・井上準之助による金解禁政策の話。政治家にとって政策は一度決めたらもし誤っていることがわかっても転換できない、合理的に行動できない、という主題がおもしろい。そうかだから政権交代が必要なのか。 
    金本位制にこだわりすぎた理由として、英米の資本主義体制への信仰が根底にあったというのは、ちょっと痛い指摘かも。 
    国際金本位制の働きや世界恐慌の状況についてよくわかった。ただ、主人公の井上まわりの出来事の描写があっさりしすぎていた。若槻内閣総辞職の政局や三井銀行ドル買い事件や血盟団による井上暗殺はもっと描けたのではないか。 

  • 【書評】
     日本は井上準之助蔵相のもとで1930年に金輸出解禁を打ち出した。これは結果から見れば、最悪の時期に最悪のやり方で行なった経済政策であった。本書では、なぜこのような政策が実施され、二年間も続いたのかを様々な角度から描き出すことに成功している。国際的には第一次大戦によってイギリスの覇権が終わりつつある中、アメリカは覇権を受け容れる準備ができていなかった。国内的には大戦で膨張した経済が崩壊し、金融危機の事後処理に戸惑ったあげく歴史上初めて経済問題を理由に政権が倒壊した。そんな中で、浜口民政党内閣の二大看板である軍縮と金解禁政策は、公約実現で無理をした結果、政党政治の揺らぎの原因を作ってしまった。
     
     経済政策が政治により翻弄され、一度取られた経済政策は農村の困窮や右翼の結束と実力行動へと、個人の意図を越え波及的で決定的な影響をもたらした。政策担当者の個性と当時の社会状況によって、柔軟で必要とされた政策転換は政治的に不可能になった。現代でも、「金輸出解禁」政策の失敗から学べることは多い。

    【感想】
     本書は戦間期における日本国内の政治経済的な動きがいかに、金解禁政策という経済政策を歪め難しくして行ったのかを述べている。徒に井上準之助の非を主張すると言うより、むしろ危機時、全てが異常となった状況下で、正統とされた経済政策が実行された結果生じた悲劇を綴っているという方が正しい。非常にバランスの良い、信用出来る書と言った感想。
     選挙公約と真逆な政策を次々やろうとする現状日本の政治に照らすなら、政府の看板を容易に変更しない政党政治の気概を感じることも出来る。経済政策が政局化される場面は、増税、TPPなど今日と通じる点が有り参考になる。
     あの頃たしかに、日本の議会制は生きていた。しかし経済政策の失敗と時期の悪さ、それを利用した政友会の墓穴が悔やまれてならない。

  •  一言でいって、中村 隆英氏はかなり、学問的にも誠実な人なんだろうなと考えられる。というのも、昭和恐慌期での金融政策についても多くのページを割き、まめな検証がされているからである。デフレへ落ち込むことの危険性の指摘から、金融政策についても多くの説明を入れ、財政政策についても述べられている。バランスがとれた人々の動きも表している歴史の記述だと思う。
     そこが、大恐慌が民間経済へ持ち込むデフレによる民間人の生活の有様の記述だけで終わってしまう。それはマクロ経済上のデフレの恐ろしさをさらりと流してしまう秋山の29年発とされる世界恐慌の作とは大きな違いある。

  • 昭和恐慌を引き起こした経済政策をめぐる政党間の抗争、財界の思惑、投機的行動・・・秘められた歴史を明らかにする。

  • 昭和初期、日本において金融恐慌が勃発。その当時のドラマチックに変化していく経済政策に焦点を当てた歴史書。

全8件中 1 - 8件を表示

中村隆英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
マックス ウェー...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

昭和恐慌と経済政策 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする