英文収録 茶の本 (講談社学術文庫)

  • 講談社
3.79
  • (37)
  • (45)
  • (57)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 545
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061591387

作品紹介・あらすじ

ひたすらな瞑想により最高の自己実現をみる茶道。本書の冒頭で天心は「茶は、日常の事実における美しいものの崇拝、すなわち審美主義の宗教としての茶道に昂められた」という。明治三十九年、天心は西洋文明に対する警鐘をこめて、茶の文化への想い即ち東西の文明観を超えた日本茶道の真髄を切々と綴った。精魂をこめた訳文により天心の精神がいま静かに息づく。原典英文収録の名著復刻の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 12/5/23 WBS スミスの本棚 玄侑宗久

    岡倉天心は明治時代に日本の伝統美術を海外に広めることに奔走し、ボストン美術館の東洋部長も務めた国際派だった。「茶の本」は、1906年にニューヨークで「THE BOOK OF TEA」と題し英語で出版された本を翻訳したもの。茶道をテーマに東洋の文化の独自性と素晴らしさを描いた。
    「東西を問わず重んぜられているのは茶道というアジアの儀式だけなのである。白人はわれわれの宗教と道徳を嘲笑してきたが、この褐色の飲料はためらいもなく受け入れたのである。」(「茶の本」より)

    玄侑さんは、西欧化していく社会の中で初めて西洋と違う日本の文化を訴えた天心の本を、今こそ日本人は読んでほしいと話す。「東洋にも日本にも独自の在り方があり、それに従った独自の文明を築いてきたはずです。ところがそのことを西洋人に対し、明快に説明できる人がいなかった。岡倉天心は、それを初めて果たした人物」(玄侑さん)

  • 西洋に真っ向から挑む、東洋の文化
    茶が日本文化に及ぼしている影響を多方面から紹介

  • 『武士道』新渡戸稲造著、『代表的日本人』内村鑑三著にならび、日本人が英語で日本の文化・思想を西欧社会に紹介した代表的な著作の一つとのこと。『スミスの本棚』で見つける。原題:THE BOOK OF TEA。やや難解。理解するには再読が必要か。

    <目次>
    訳者まえがき
    第一章 人情の器
    第二章 茶の流派
    第三章 同教と禅道
    第四章 茶室
    第五章 芸術鑑賞
    第六章 花
    第七章 茶の宗匠たち
    原註・訳註
    解説ー憂ひ顔の美の使途
    解題

    <あらためて老子・禅・茶道から読み取れること>
    ・日本人の審美眼の拠りどころになっていること。
    「道教は審美的理想に基礎をあたえ、禅道は審美的理想を実際的なものとした。」

    ・抹茶のあと、煎茶が登場した。
    「中国での煎茶の服用の仕方は、わが国では比較的最近のことで、十七世紀中葉以降はじめて知られたものである。日常飲む場合には、煎茶が抹茶に取って代わった。」


    2012.12.28 読了

  • 外国の方への茶道の紹介かな?と思って読んでみたのですが、この単純な題に反してすごく複雑でした。

    前半はスマホで単語を調べながら読んだのですが、それでもでてこなかったりして、これは翻訳した人しだいなのかな。

    「第三章 道教と禅道」は中国史を勉強してからのほうがいいと思いました。
    後回しにしていた中国史、知りたくなりました。

    後半はちょっとわかりやすくなりました。
    とくに「第六章 花」はとても綺麗な文章。
    さすが芸術学校の先生。
    岡倉天心さんのことも、もっと知りたい。

  • 岡倉天心こと、岡倉道三が1906年に執筆、日本人の心について「茶道」の文化から迫る。
    本書は英語の原文と日本語訳の両方があるが、ひとまず日本語を読了。
    内容は抽象的で、難しい言い回しが多く、一度読んだだけでその内容を把握することは困難である。
    しかし、冒頭の文章で、その言わんとすることの概要はわかる気がする。少し長くなるが、引用したいと思う。

    「茶道は、日常生活のむさ苦しい諸事実の中にある美を崇拝することを根底とする儀式である。それは純粋と調和を、人が互いに思いやりを抱くことの不思議さを、社会秩序のロマンティシズムを、諄々と心に刻みつける。それは本質的に不完全なものの崇拝であり、われわれが知っている人生というこの不可能なものの中に、何か可能なものをなし遂げ用とする繊細な企てである」

    つまり、不完全なものに見る完成の姿を夢想し、余計なものを排除する侘びの精神を言っているのだと思う。
    最後の章では千利休の最期で締められていることからも、天心が「どうにもならない絶望的な状況を受け入れ、そこに美しさを見出そうとする」精神に着目していたのかがよくわかる。

    また、本書の素晴らしいのは本編(日本語)の後にある訳者による「解説」である。
    訳者は、岡倉天心が書いた文章をもとに、本当に描かれているのは日本人の心であるのと同時に、天心本人の波乱万丈の人生から得た苦悩、悟りのようなものも込められているという仮説を展開する。
    2度の不倫劇に端を発する失脚やその後の顛末(不倫相手の死)など、彼の破天荒ぶりや絶望、諦めなど様々な想いが錯綜していることが改めて浮き彫りになり、この本が示そうとしたメッセージに、より深みが増す解説である。

    なお、原文は気が向いたら読んでみようと思う。(いつになるやら・・・)

  • 原題:The Book of Tea(1906)
    著者:岡倉天心(1863-1913)
    訳者:桶谷秀昭(1932-)


    【目次】
    訳者まへがき(平成六年六月二十六日 桶谷秀昭) [003-004]
    目次 [006-009]

    第一章 人情の碗 013
    第二章 茶の流派 025
    第三章 道教と禅道 036
    第四章 茶室 050
    第五章 芸術鑑賞 066
    第六章 花 077
    第七章 茶の宗匠たち 092

    原註・訳註 [098-104]
    解説――憂ひ顔の美の使徒(桶谷秀昭) [105-122]
    解題 [123-134]

    THE BOOK OF TEA……OKAKURA-KAKUZO [135-228]

  • (15.06.XX読了)
    私の頭では理解が難しかったです。そもそも茶道に本当にここまでの深い意味があるのか?と考えてしまう。
    私の頭がこの本を読めるレベルにないのか、はたまた茶道における日本人精神との相性が悪いのか、とりあえずは評価不能かなあ
    もう少しちゃんと読めるようになってから再読して、きちんと理解したい。

  • 次は英文で、しかし博覧強記な人、しかも英語で、語るとは。スーパーマンですね。

  • [ 内容 ]
    ひたすらな瞑想により最高の自己実現をみる茶道。
    本書の冒頭で天心は「茶は、日常の事実における美しいものの崇拝、すなわち審美主義の宗教としての茶道に昂められた」という。
    明治三十九年、天心は西洋文明に対する警鐘をこめて、茶の文化への想い即ち東西の文明観を超えた日本茶道の真髄を切々と綴った。
    精魂をこめた訳文により天心の精神がいま静かに息づく。
    原典英文収録の名著復刻の決定版。

    [ 目次 ]
    第1章 人情の碗
    第2章 茶の流派
    第3章 道教と禅道
    第4章 茶室
    第5章 芸術鑑賞
    第6章 花
    第7章 茶の宗匠たち

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 岡倉天心著、「茶の本」を読む:
    東日本大震災の影響で、茨城県五浦(いづち)にある岡倉天心の晩年の幽棲地とした六角堂が、大きな被害を被ったというニュースを耳にしたことがある。日本美術院の縮小が決定的となった失意の中での幽棲だったのであろう。英文で書かれた著作の4部昨、即ち、東洋の理想、日本の覚醒、東洋の覚醒、そして、茶の本、である。それにしても、短い文章であるが、極めて、その漢籍・東洋学・美術額などに、造詣が深いことが、その難解な日本語の言い回しにも、端的に表れていて、文章の短さに較べて、遙かに、難解である。内容構成は、第一章の人情の碗、そして、順番に、茶の流儀、道教と禅道、茶室、芸術鑑賞、花、茶の宗匠達の最後で、千利休の最後の茶の湯の様子で、締めくくられている。殊更、ここで、詳細を述べるよりもご一読戴いた方が、もっとも、英語版の方が、分かりやすいかも知れないが、両方を同時に、併読してみる手もあるが、、、、、。それにしても、文久生まれの武士は、どうも、子供の頃から、その素養が、昭和の戦後民主主義の下で、子供時代を過ごした我々とは、根本的に、その基礎的な素養が、謂わば、ベースから違うのかも知れない。まるで、それは、テレビに出てくる帰国子女上がりの流暢な英語を喋ることの出来るタレントに、英語で、わび、さびを説明してみろと問いかけるかのように、全く愚問であるのかも知れない。英語の著作を表す以前に、既に、フェノロサ、ビゲローや、ボストン美術館中国・日本部門の美術品の発掘・鑑定・再興などの事業に携わってくる上で、すでに、ベースに、漢籍の素養や日本文化、宗教にも、精通している、そうした素養の上に、確かな目で、日本文化を考察し、更には、不当な理解を示す外国人、全世界の無理解な人種に、広く、日本文化を喧伝せしめようとしたのかも知れない。今日、日本として、海外発進力が、今こそ、求められている時代はない。何故、あれ程までに、戦後、世界的な規模で、商社のネットワークが、張り巡らされ、日本の優れた商品が世界中で使用されているにも拘わらず、その文化・伝統・歴史が、一部のフジヤマ・ゲイシャ式にしか、表層でしか、伝えられなかったのであろうか?やたら、松下幸之助や本田宗一郎の名前だけが、知れ渡ったのに対して、茶の湯・活け花等の真の文化的な心が、広く、世界の隅々にまで、行き渡らなかったのであろうか?これひとえに、文化人、知識人の問題だけではなく、一般の我々にも、考えさせられることが大きい。何故か、天心のそれは、明治期の福澤諭吉的な文明論との対局に、位置していないようでもない。60年代後半の戦後民主主義の否定を通じて、止揚しようとした文明論的な主題は、残念乍ら、今日、ひとつとして、遺産としても、残っていないのは残念である。これは、団塊の世代としても、大きな問題である。たわいのないアメリカ人から、天心達が、「おまえ達は、何ニーズなのか、チャイニーズ、ジャパニーズ、ジャワニーズ?」と問われたときに、すかさず、英語で、「We are Japanese gentlemen. But Are you a Yankee, or a Donkey, or a Monkey ?」と切り返したというではないか。そんなウィットに富んだ当意即妙な英語が、ビジネス英語ではなくて、すらすら、やってみたいものである。それにしても、今日、外交交渉でも、貿易交渉でも、況んや、日本文化情報の発信を也であろうか?岡倉天心が生きていたら、今日のCool Japan への取り組みや和食の世界文化遺産認定を、一体、どう、捉えることであろうか?今日の日本で、これらを快刀乱麻に英語や中国語で、海外発信できる何人の知識人がいるのであろうか?何とも、物足りなく感じざるを得ない。一人一人が、天心のようになることは難しいことではあろうが、少なくとも、草の根レベルで、外国人にも自国の文化・歴史などを説明出来るだけの日本語・外国語の素養を持ち合わせたいし、そういう教育を日常生活の中で、意識的に創り出してみたいものである。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1862-1913。横浜生まれ。本名岡倉覚三。東京大学文学部卒。フェノロサに師事。東京美術学校校長を経て、横山大観らと日本美術院を創立。ボストン美術館東洋部長として国際的に名を知られた。生前刊行した単行本として、本著の前に『東洋の理想』、後に『茶の本』の英文三部作がある。

「2014年 『英文収録 日本の覚醒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡倉天心の作品

英文収録 茶の本 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×