ドイツと日本―国際文化交流論 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061591547

作品紹介・あらすじ

ドイツ文学者である筆者が、ケルンの日本文化会館館長の体験を交え、日独文化の実態を説く。映画「寅さん」の上映による日本的発想の紹介や、在職三年間に百五十回にのぼった講演など、文化交流に奔走した日々をいきいきと描写。また、幕府により初めてヨーロッパに派遣された文久遣欧使節の足跡をたどり、知られざる国際交流の歴史を明かす。日本とドイツをめぐる興味深い交流の記録と提言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学生時代

  • ★2.5。
    何か読んだことあるなぁと思っていたら、直前に読んだ本と同じ作者か。文章が丸っきり同じような箇所もあって、野村克也じゃないんだから、ちょっとこういう本の出し方は慎みましょうよと思わなくもなく。
    そのせいも手伝ってか、どうもこういうドイツびいき本はなぁ、、、と思ってしまう。ドイツという国は当方好きではありますが、そうであっても若干引いてしまうかなと。
    まぁしかし、日本という国は色んな意味で極東で、実は昔から世界の誰も興味がなかったのかな?と思ったりして。上手く言えませんが、他社と隣接する中での拡がりという感覚が希薄なのかな、この国は。

  • 著者は大学教授で、ケルンにある日本文化会館の元館長。具体的な体験に基づいて話が進んでいくので、わかりやすい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1931年長崎県佐世保生まれ。東京大学文学部独文科卒。国際基督敦大学、中央大学文学部教授(ドイツ文学)、フェリス女学院院長、理事長を経て、現在、東京杉並・ひこばえ学園理事長、中央大学名誉教授。その間に(大学在職のまま)駐ドイツ日本国大使館公使、ケルン日本文化会館館長、国際交流基金理事・同日本語国際センター所長等を兼務。ケルン大学名誉文学博士。著書に『旅人の夜の歌-ゲーテとワイマル』(岩波書店)、『ドイツのことばと文化事典』(講談社学術文庫)、『バルラハ―神と人を求めた芸術家』(日本基督教団出版局)、『トーマス・マンとドイツの時代』(中公新書)、『木々を渡る風』(新潮社1999年日本エッセイストクラブ賞受賞)、『「神」の発見―銀文字聖書ものがたり』(教文館)、『ぶどうの木のかげで』『木々との語らい』(青娥書房)、『モーツアルトヘの旅』(光文社)、『ブレンナー峠を越えて』(音楽之友社)ほか多数。訳書に『ゲーテ詩集』(講談社)、トーマス・マン『ヨセフとその兄弟』(望月市恵と共訳、全三巻筑摩書房)、『トーニオ・クレーガー』(主婦之友社)、カール・バルト『モーツアルト』(新教出版社)ほか多数。

「2020年 『随想森鷗外』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小塩節の作品

ドイツと日本―国際文化交流論 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×